停止中の原発への核燃料税ってどうおもいます?

コストを抑えつつ、いかに環境に優しい方法で、脱原発を進めていくか


それが一般的な世論の求める考えだと思うにゃ。

それを停止している原発についても課税をするというのは・・・
急いで再稼働させないと採算に合わない→再稼働する
という流れができ、世論の考えを反映していないような気がするのにゃ


そもそも、県民は、今の状態で、再稼働を認めているのかな


再稼働はさせない。でも税金は頂くというのは、都合の良すぎる論理だと
思うにゃ。
県民にとっては、大切な税収かもしれない。でも、その税金はどこから
出てくるかというと、管轄する電力会社の利益からであり、県の税収として
吸い上げられるのは、管轄の利用者全体の電気料金として利益を出したもの
なのでしょう?

他県にも影響を及ぼす、生活に影響の出る支出を一つの県の議会の採決
だけで、税を増税し、生活を圧迫させるような事は、普通に考えてだめだと
思うにゃ。

核燃料税は、当時、受け入れされにくかった原発を誘致して受け入れる
代わりに、それに伴い利益を上げた一部を税収として納めることで、
地域優遇する為のものだと思うにゃ。

だからと言って、個々の県の認識だけで、自由に変えていい物では無いよ。
県議会で可決したので、払ってくださいねというのでは・・・
隣県は納得しないと思うにゃ。

少なくとも、ほかに誘致している他県とも話し合いを設け、全国的な
ルールとして、停止中の原発への核燃料税の徴収が必要である事を
確認した上で、電力エリア内の人たちにも理解を得る働きかけしてほしいと
思うにゃ。

停止中の原発への核燃料税の課税がダメという意味ではないにゃ。
やり方が強引過ぎる。説明がなさ過ぎる。世論の声を聞かな過ぎる。
そう思うのにゃ。

世界中が脱原発ムードの中、原発のコストが飛躍的にあがり、他の方式
の方がコストも低く環境にも優しいという事になった場合、20年後に
でも、日本中の原発が無くなっているかもしれない。
そうなった時に、県の税収は激減してしまうと思うけど、そうなる事も
考えて欲しいにゃ。
今よりも安全が確実に保たれる形で、これからずっと使われ続け、安定した
税収を得られるよう協調して改善していくのか・・

言い方悪いけど、むしり取るだけむしり取って・・・
近い将来にも安定した税収を失う事になってもいいのか・・・

ちゃんと、県民の声は聴いてるのかな

税収なんていらないから、もう原発はやめようという声もあると思います。
もっと安全や保障を約束され、核燃料税の税収が県民の生活を豊かに
するならば、ずっとこのまま受け入れようという声もあると思います。

県民の理解を得るために、一時的に税収を増やして納得させようと
しているのだとしたら、ちょっと県民を甘く見ていると思うにゃ。

福島の原発の事故で、一般の誰もが、ある程度の知識と仕組みを理解している
と思います。

原発のある県に、そんなにお金が入ってたの

って初めて知った人も多いと思います。
原発に関して言えば、それぞれが、それぞれの考えを持ち、自分なりの
妥協点を見つけようとしています。
もっと、皆の声に耳を傾けてほしいにゃ。議員さんの役目は、自分の考えを
貫き通すという事ではなく、みんなの代表として、皆が求めている正しい
未来を実現するために、具体的な枠組みを作ってまとめ上げていく事だと
思うのにゃ。

スタンドプレイで、「俺について来た奴だけ幸せにするよ」みたいな、
そういう政治家や議員が増えているような気がする。
○○だけ良くなれば・・・そういう考えは、いけませんよ

みんなが、近くにいる人と手を組み協力し合えば、誰もが公平に幸せに
なれると思うにゃ。
手をつなぐのを拒んだところから、争いや、喧嘩は生まれてくるもんだよね。
戦争とかはたいてい、相手の力を奪い取るための争いなのにゃ。
大きな力と力がぶつかれば戦争になる。小さな力と力がぶつかれば、
喧嘩になる。
わずかな力と力がぶつかるだけなら、お互いが少し歩み寄れば、手をつなげると思うにゃ。
磁石のS極とS極は反発しあうけど、間に鉄が入ったらどうにゃ

手つなげるよね。仲介役って大切だよ。
電力会社がS極だとしたら、誘致した県は鉄。周りの県はS極だからね。
誘致した県がS極に変わってしまえば、電力会社とも反発するし、
隣県とも争う事になる。
じゃあどうすればいいかと言えば、私は、あなたに友好的な鉄ですよと、
電力会社にも、隣県にもアピールして理解を得る事じゃないかな


そういう一手間忘れてしまわないで欲しいにゃあ

近頃、争い多くて悲しいのにゃ

仲良く手をつなごう。そして、大きく手を広げて豊かにしよう