ガイガーカウンター(放射能測定機)

  • にゃんこ 公式ブログ/ガイガーカウンター(放射能測定機) 画像1
おはよー

安全安全・・・っていうけど、本当に安全なの

政府が発表している放射能の数字は、間違い無いの


そんな不安を解消するべく、キティちゃんは立ち上がった


なんて、前置きが有っのか無かったのか・・・
ひょんな事から、ガイガーカウンター(放射能測定機)を知り合いから
借りてきました。
その知り合いは、今回、3つも購入したんだとか・・・・
安い物でも無いのに、心配性にも程がある(笑)
でも、せっかく使える機会ができたので、ちょっと測ってみるのにゃ。

測定場所は、主に2か所。
東京の目黒区と練馬区。
測定結果は、0.08マイクロシーベルト/h〜0.14マイクロシーベルト/h
で、家の中も外もだいたい同じような数値でしたにゃ。
この場所に、24時間、365日居たとして、受ける年間被ばく量は、
700.8マイクロシーベルト〜1226.4マイクロシーベルト
なので、日本での通常の被ばく量として公表されている、
1ミリシーベルト=1000マイクロシーベルトと誤差が無い感じなのにゃ。
とはいえ・・・この測定値。10cmズラすと、数値が変わってしまうほど、
敏感で、多少ゆらゆらと数値も変わり続けます。
安全なところでも、ピンポイントで、少し高めのところがあったり、高いところでも低めのところがあったりするので、政府や東電が発表している数値は、
観測値で観測された、一部の数値であり、けっこうな誤差はあると思うにゃ。

低めに出る観測点選んで測定器を設置しているなんて事が無い事を
信じているにゃ


測定してみたとおり、東京23区は、だいたい通常時の数値に戻っていると
考えてもいいかもしれない。
意識しすぎず、普通に生活する方が、幸せだと思うにゃ。
一方・・・母乳から放射性物質が検出されたという話もあるらしいので、
赤ちゃんや、妊婦さんへの影響は、心配だよね。
原因は、おそらく・・・食べているものの影響が少しずつでてるようだけど、
赤ちゃんや、妊婦さんは、多少神経質に注意して、食事をとる必要有りそうです。

ガイガーカウンターは、もう返してしまうので、継続して、測定はできませんが、大きな変化が有った時は、教えて貰うようにするにゃ。
このガイガーカウンター、1個8万円前後で売られているらしいにゃ。
ちっちゃい機械なのにちょっと高いな・・と思いますけど、そういうもんらしいです。これは、中国製ですが、現地で買うと3分の1位で買えるらしく、
日本での需要が増えて、国内では高く売られているんだとか・・・・
リアルタイムでの放射能数値の測定と、累積被ばく量表示したり、設定した
数値超えると、ブザーで知らせたりとか・・・そういう機能もあるみたい
にゃ。

あると安心な気もするけど、8万円は高いから、自分で買う気は無いのにゃ。
というか・・買えません(きっぱり)

8万で、安心が買えるなら安いと思う方は、この機会に購入を検討してみては


偽物も出回っているらしく、安く買えるものは、偽物で感度が悪かったり、
ちゃんと機能しないものもあるらしいにゃ。
安心を手に入れるつもりが、バッタものを掴まされないように注意してにゃ。