日本が誇る世界一

  • にゃんこ 公式ブログ/日本が誇る世界一 画像1
世界の大きな果物見ていると・・・

日本はなんて小さな国なのか・・・とか・・・
日本にいても成長しないんじゃないか

なんて考えちゃう人もいるはず・・・

そんなあなたに捧げる、日本が誇る巨大な果物を紹介するのにゃ。

通称「世界一」・・・本名「青り4号」本名は案外地味だにゃあ(笑)


このりんごは「デリシャス」と「ゴールデン・デリシャス」を交配してつくられた品種なのにゃ。
 
「世界一」の特徴は、その名の通り、とにかく大きいのにゃ。
一緒に写真撮った、リンゴ「ふじ」とL型卵さんと比べてみると、
その大きさがわかると思うのにゃ。

これでも、特別大きなものでは無くて、大きなものだとビーチボール
位になるとか・・・・(そこまで大きくはなりません)

お味の方は、酸味と甘みのバランスがよく、とても食べやすいです。
1個が500円〜1千円位して、普通のリンゴより何倍か高価なのです
が、大きさも数倍あるから許してあげてにゃ。

「世界一」を使った、「世界一」のアップルパイとか作ってみたいにゃ。
「青り4号」のアップルパイでしょ


その名前でよぶなーーーっ(笑)
愛称として名付けられたのが、「世界一」という誇らしい名前。
日本が世界に誇る、大きなフルーツなのにゃ。
香りも、豊潤で入浴剤にもできそうな位、リンゴのイメージそのものの
匂いがする、キングオブ あぽーーっ
(Apple)なのにゃ。

殿の御前であるぞ、えぇーーーーぃ頭が高い(笑)

それにしても・・・・
このリンゴ、本当にリンゴの木になるのでしょうか?
この大きさのリンゴがぶら下がっている姿は想像できないのにゃ。

狭い日本だって、こんなに大きく成長できるんだ。
みんなも、「世界一」と言われるように頑張ろうにゃ。
通称「世界一」の鈴木さん。通称「世界一」の山田さん。通称「世界一」の佐藤さん。通称「世界一」のnyanko etc.
目指していこうにゃ。