ガンダムチャリティーサイン会

  • ぬらりひょん打田(打田マサシ) 公式ブログ/ガンダムチャリティーサイン会 画像1
今日はガンダムエース系作家の東日本大震災チャリティーサイン会に行って来ました。 場所は飯田橋の角川書店。

お目当ては「機動戦士ガンダム」のキャラクターデザイン、作画監督の安彦良和先生とメカニカルデザインの大河原邦男先生


いやー感動しました



安彦先生がデザインしたアムロやシャア

大河原先生がデザインしたガンダムやザク

莫大な経済効果と、巨大な文化産業を生み出した、化け物キャラクターをデザインした巨人たち…。
あとから落ち着いて考えて、やっぱりすごいなあ…と思いました。

安彦先生は温厚そうな小さなおじいさんでした。
大河原先生はダンディなオジサマでした。
「こんなに並ぶと思ってなかったよ、疲れたなあ(笑)」なんて言ってました。

当たり前ですが、ぱっと見たところ普通のおじさんとおじいさんでした(笑)

やっぱり「ガンダム」という産業は作り手側の天才や秀才をはじめ、多くの人達の総意や協力によって生まれた奇跡だと思います。
サイコフレームを介して人々の総意がアクシズを押し戻したように…(逆襲のシャア参照)。

震災の復興には人々の意思を収束させる必要がありますね。
ガンダムというサイコフレームを媒介にみんなが支援のために力を合わせる光景は非常に美しかったです。
「日本がダメになるかならないかなんだ、やってみる価値はありますぜ!」というネオジオン兵のセリフが聞こえました(笑)…(逆襲のシャア参照)。


地球に核の冬をもたらそうとしたシャアが、「立ち上がれ東北!!」なんて激を飛ばしてもいました。彼も丸くなったな。良かった。

仕事の合間に行った都合で、安彦先生のサインはもらえませんでしたが、大河原先生のサインはバッチリ頂きましたよ