ゲゲゲの女房、第143回

「第三丸の爆発」の執筆を続けるイトツ。

そして喜子に語る…。「人生なんてよっぽど上手くやったって、雲のように流れさってしまうものだ」というようなことを。
なかなかカッコイイおじいちゃんですね(笑)

「人生は流れる雲のごとし。」
いや、「人生は屁のようなものだ。」ですね(笑)

水木サンの才能を見抜いて、当時としては高価な油絵の具セットをプレゼントしたんだよな…。
とにかく息子に好きなことをやらせてあげたかったのかな。

とりあえず、やらせてみるって大事だよね。
頭ごなしに否定するだけの親にはなりたくないですよね…。

普通、自分の家族の才能を見抜くのは難しいからしょうがないかもしれないが…。