ゲゲゲの女房、第134回

水木サンが妖怪に絶望を…?
自慢のコレクションをガラクタだと?

このあたりのエピソードは水木ファンとしてはしっかり描いて欲しいですね。
水木幸福学にもいろいろと変遷があったわけですからね。
水木大先生が今の境地にいたるには挫折もあったんです。

そして、喜子が修学旅行のしおりの表紙の絵を描くことになったのは…これはフラグですね(笑)

今回は戌井さんの北西文庫の話も出てました。要するに「桜井文庫」というシリーズです。
水木先生などの作品を基本的に1話ずつ小さな文庫にしたもので、今も「まんだらけ」などでは手に入ると思います。
当初ヒットしたこのシリーズが売れなくなったのは、やはり薄過ぎたからかなあ…
(^_^;)

というか、「河童の三平事件」と呼ばれる出来事があったからか…。
サラ文庫で同時期に安くボリュームのある「河童の三平」が出てしまったんです…。同じ作品が…。