ゲゲゲの女房、第124回

今日出てきた軍医どの、あの方は水木サンの人生において重要な役割を持っていますよね。
終戦後、「現地除隊」を申し出た水木サンに「とりあえず一度帰ったほうが良い」と軍医どのが言ったんですよね、確か。そして日本に帰ったんですよね。
そのまま現地除隊をしていたら「水木しげる」は生まれなかったかもしれない…。

今回は喜子とイトツの大福のガンマン風取り合いのシーンも良かったですね(^-^)/
なんという食い意地バトル(笑)

藍子と赤木さんは予想通りの流れになってしまいましたが、明日以降にスカっとする展開を希望!

漫画家なめんな!って言ってやれば良い。