ゲゲゲの女房、121回

水木サン、南方の音楽にハマりすぎ(笑)そして南方に移住しようと言い出しましたね
このエピソード、けっこう早くでたなあ…。もうちょっと後かと思いました。
やはりロケが大変だからか、南方に水木サンが再訪するシーンはありませんでしたね…。

個人的にはサイン会かなんかで戦友に再開して南方行きを決めるシーンは欲しかったな(・ω・)

あと、今回もイカルは気持ちよく怒ってましたね(笑)町内会の人に対して…
「あなたにおばあちゃんと呼ばれる筋合いはありません!」
「親切の押し売りはごめんです。」
わかります。お節介な人はいつでもいます(笑)

喜子の「おとうちゃんだけ違うね」のセリフから戦争の話に行くのかと思いました。しかし、違いましたね。
明日以降にまた戦争の話があり、再び戦記物を描くのだろうか。