ゲゲゲの女房、第81回

貸本屋の親父(マサシだったなたしか)は電気工事したほうが良いよと浦木が言ってましたね。
たしかに技術があるならそうしたほうが良いよな〜。
商売している人は時代の流れを読まないといけないから大変だ(^o^;)
貸本屋もいつまで続くかわからないし…。オリンピックが終わった後はどうなるんだろう?

そして、はる子が焦ってる?
まさか何かの悲劇の前触れじゃないだろうな?

その後の運命(あくまでもモデルになったと予測される人ですが)を知るものにとっては恐ろしい…。

そういえば「ゼタ」の名前は下半分ぐらいを隠すと「ガロ」になるという情報を頂きました。
番組スタッフの意図するところの真偽はわかりませんが、面白い話だな〜と思いました(^-^)

最近は、水木サン夫妻以外のところにもスポットがあたることが増え、飽きずに楽しめますね。