ゲゲゲの女房、第67回

水木サンが連合艦隊再建計画に力を入れてましたね(笑)
完成した艦隊は今も水木プロに保管されていますね。きれいにケースに並べられています…。

今回はまた、浦木がはる子を口説こうとしてましたね。
そういえばこのはる子のモデルは「つりたくにこ」という漫画家さんではないかと言われています。
水木サンのところでアシスタントをしたり、喫茶店でウェイトレスをしながら漫画を描いていたようです。「ガロ」などの雑誌に作品を発表していたようです。
★以下ネタバレになるかもしれないので注意です…★







「つりたくにこ」さん。その後の姿がドラマで描かれるかは分かりませんが、難病を患いながらも、漫画を書き続けていましたが、若くして亡くなったそうです。37年の生涯だったそうです。

私も今度作品を読んでみたいと思います。

 
  • コメント(全2件)
  • ☆kaoにゃ(*ΦωΦ*)毅マスニャ☆ 
    6/15 07:57

    浦木とはるこの掛け合いが好きなのに…

    ストーリーが進むと見れなくなるかもしれないんですねぇ…


    水木さんが何を考えて戦艦集めているのか同じ主婦の私は布美枝目線…

    健気に頑張る布美枝頑張れ

  • ぬらりひょん打田(打田マサシ) 
    6/15 10:59

    連合艦隊再建、やはり女性からはそんな意見が(笑)

    いわゆる現実逃避ではあるんですが、本業以外でプレッシャーなく達成感が得られるというのが良いかなと(笑)

    テレビゲームとかするのも同じような理由かな

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)