水木しげる先生の名言…

「スランプと人はよく言うけれど、理解できないです。スランプになったとか何とかいうのは、人にほめられたいという気持ちが心の底に無意識にあるに違いない。邪心があるからスランプになるんじゃないか。驀進(ばくしん)と停止と二つしかないですよ。」

要するにクヨクヨ考えてないで「やれ!」ということ!!

 
  • コメント(全4件)
  • sun-ペングゥインmizore 
    5/21 02:34

    「やれ」まめ

    まちがっちゃいまし


    やめ




    やれなんて





  • ぬらりひょん打田(打田マサシ) 
    5/21 13:22

    とにかく好きなことなら、「出来なくなる」なんて言い訳。生きてる限り「描き続ける」ぐらいの気合で創作してたんでしょうね。水木先生は。
  • どんぐり 
    5/21 21:58

    素晴らしいお話だ

    いつも楽しみにしてます

  • きんとき ?イツモァリガトウ? 返コメ返イイネ無m(__)m 
    5/23 03:53

    戦地で死線を彷徨った人にしか吐けない、骨の太い言葉ですね。

    この世代の人にしかまず有り得ない、目の前で人がいとも安く逝く渦中をくぐって[生きてしまった]、といったニュアンスの、生き恥に対する矜持を、呼吸のレベルで普通に持っていた事が、ガツンと胸に響きます。
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)