ゲゲゲの女房、第38回

明日から紙芝居の話が出そうですね。楽しみです。

今回、布美枝は少女時代に水木サンと会ったことを覚えているのに、水木サンは覚えていない…というS要素がありましたね。
毎回、「どういう風に布美枝がイジメられるのか」というのも見所かもしれん(ひどい)。

落葉を拾って眺めながら、物思いにふける布美枝の姿もありました。何を思っていたのか(笑)

そして、醤油で炒めたお茶っ葉っておいしいのかな?今回ではそれが一番気になった

試すより他にあるまい…。しかし、家にお茶っ葉もないオレ。

まずそこからか。

 
  • コメント(全3件)
  • ☆kaoにゃ(*ΦωΦ*)毅マスニャ☆ 
    5/12 00:00

    押し売りのような雰囲気をかもしだすおじ様(笑)

    私も、かなり子供の時に出会ったのが水木さんだったのか気になりました


    覚えてないのかよぉ
    てツッコミいれたくなりました(笑)
  • ぬらりひょん打田(打田マサシ) 
    5/12 07:45

    あれはドラマ的には完全に水木サンと会ってましたよね(笑)

    それを忘れるとは…フハッ…。
  • †ゆず† 
    5/12 08:50

    総大将さまも水木さんの若い頃状態です


    お互いじっくりと神がさすのを待ちましょう

    (*^-^*)ノシ



  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)