ガチに妖怪好きな方には…

  • ぬらりひょん打田(打田マサシ) 公式ブログ/ガチに妖怪好きな方には… 画像1
アメブロには以下のようなアニメの感想など、コアな妖怪関係の内容を書いています。いちおうテレビレポーター、CMナレーターの端くれ…とは思えませんね(笑)
「妖怪スポットツアー」なども企画していますので、ご興味がある方は是非!!
ちなみに、70年代の鬼太郎アニメは、本当に重いシニカルな話が多いです。
「世にも奇妙な物語」風とでも言うのかな。

↓↓
いやー、70’Sの鬼太郎らしい重い話が多くなって来ましたね。
http://www.kitaro-dvd.com/70s/stor...

第三十七話 地相眼
出ましたね、地相眼。70’Sの鬼太郎の色が強烈に出ている作品ですね。
「親の因果が子に報い」。非常に不条理な話です。子供と引き換えに自分の会社を大きくした親父。そして、子供は人間を捨てることを受け入れる…。最後にこうつぶやく。
「日本人はいつから集団発狂してエコノミック××××になってしまったんだろう…。どうして、みんなもっと幸せな人間らしい生き方が出来る方向に行かないんだろう…。」
またしても、鬼太郎の役に立ってない度MAX!

第三十八話 隠れ里の死神
重い話が続きますねぇ。完全でなくても「生きていること」が「幸せ」なのか、それとも「死」が平等な救いであり「幸せ」であるのか。なにかシェイクスピア的な問題ですね。
「自殺」というか、自ら人間であることを捨てるというテーマだった「地相眼」といい、逼迫した社会情勢を匂わせますね。自殺者が増えたりした時代だったんでしょうか。
今回も、鬼太郎は役にたったのか、そうでないのか?とにかく印象的な話です。

第三十九話 妖怪水車
シリーズによってはこの話に登場する「もうれいやっさん」が「一反木綿」に見えて仕方がない。というか親戚?千葉県銚子市に伝わる「亡霊ヤッサ」という海に出る幽霊がモデルになっているみたいですね。
鬼太郎が「もうれいやっさん」の親玉を倒すとき、親玉はなぜか溶けていきます。
こわいいいいいいいい!!


アメブロ「ぬら〜り打田の妖怪さんぽ!!」
http://ameblo.jp/nurariuchida/

 
  • コメント(全7件)
  • ぴあん 
    4/11 03:51

    70年代のゲゲゲの鬼太郎は第何期シリーズですか?
    妖怪好きではなく鬼太郎は好きです。
    でも怖いの駄目…。
  • 阿鬼★もっと連休したい 
    4/11 04:00

    70年代は2期ですね
    1期がモノクロで60年代ですよ


    地相眼も好きな話だ

  • ぬらりひょん打田(打田マサシ) 
    4/11 07:20

    阿鬼さんの仰る通り、七十年代のは二期ですね

    オススメです

    そしてやはり、みんなダークな話が好きなんですね(笑)

    これから連載?は鬼太郎アニメ80’S、第三期に入ります。妖怪スポットの紹介もしないとなあ。
  • ぴあん 
    4/11 07:31

    第一期、第二期は再放送で観たことがあります
    野沢雅子さんの頃のですよね?
    第三期以降はリアルタイムで観ていました。
    リアルタイムで観たぶんはあまり怖くはなかったような…。
  • 波平*3∞4500?深海ボチボチ海宝竿◎ 
    4/11 08:23

    おはようございます

    キリ番27000番ゲット(笑
    妖怪好きなんでよろしくで

  • き〜ちゃん 
    4/11 10:09

    墓場の鬼太郎も面白かったですね
    暗い感じで…
  • ぬらりひょん打田(打田マサシ) 
    4/11 14:31

    墓場鬼太郎も面白いですよ

    墓場鬼太郎には「退廃」や「流転」といったイメージがあります。
    対して第二期鬼太郎は「皮肉」と「現実」かな。妖怪を通して人間を描いている度合いが高い

    あっ、キリ番ですがどんどんゲットして下さい
    いつも皆様、ありがとうございます。

    出来るだけコメントはしていこうと思っています。
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)