月に囚われた男とかって…

いう映画を昨日見た。

イギリスの映画だったのだが、

これが以外と面白かった。

シチュエーションはそれ程多くなく

月の裏側のみで!??展開されて行く物語なのにいやに壮大だった…

ありきたりと言えばありきたりだが、

それでも十分に面白かった…。


カサンドラズドリームとか運命に逆らったシチリアの少女とか、

最近DVDリリースされた作品はヨーロッパ系が以外と

面白いんじゃないのかと思う今日この頃…。

カティンの森、笑いながら泣きやがれなんかももそうだ

今の自分の感覚にあっているのかもしれないな。



松田優作作品の次の波はヨーロッパ方面の映画だ!!(フランス映画は除く)


その代わり邦画はあまり見ていない。

今月に限って言えば、

パレード、シーサイドモーテルのみ??

だった様な気がする…。

覚えていないが多分そんな所だろう…。



今月は良い意味で後味があまり良くないものを見たい気分なんだろう…。





雲の隙間に見える空が異様に青かった。



首都高の隙間から見えた赤すぎる夕焼け。



何となく季節感を出そうとするいつものビル。







舞台終わって完全に今は充電期間で良くシャッターを切る…、

少し余裕が出て来たのだろうか。

前回の舞台の事を思い返しながらゆっくり周囲を見渡せるくらいのね。



でも何か早く次ぎに取りかかりたい気分…。

今年は先日の舞台でもう終わりかなと思っていたが、

ちょうど良く幸せな事に映像の仕事が一本入った!!





と言っても撮影1日、アフレコ1日という位の出番…。

が、今の僕にはそれがちょうど良く感じられる。

1つの事にじっくり取り組める感じが…。

長期の仕事ではないので矛盾しているようでこれがそうではない。




とにかく明日あたりに家に台本が届くので楽しみだ!!




久しぶりの更新で文章が散漫になってしまったが

書きだめという事で、



ばいばい☆