アートセラピー

子どもの為のアートを教えています。
学生時代は油絵科を選考し、西洋美術史や古典芸術を学んでいましたが、卒業してから絵を描く事が年々減り…いつしか絵筆すら持たなくなってしまいました。

昨年、息子と同い年の子どもを持つママさんに頼まれ「お絵描き
」なるものを始めました。
公園で大きな紙(大きければ大きいほど良いです)を広げて、ただ、いたずら書きをするのですが、子どもより参加した大人達が夢中になっていました。

子ども達にいきなり「なんでも良いから好きな絵を書いて…
」と言っても分からない。だから、
傘を書いて「ここに雨を降らせよう〜」と言って促します。
するとザーザー雨だったり、ポツポツ雨だったり、あるいはお花が降ってくる絵を描く子もいたりと、子どもらしい愛らしい絵が仕上がりました。
この方法、子どもの可能性を発見するのに大いに役立ちそうですよ。
ぜひ一度お試しあれ。

頼まれて、遊びで始めた事ですが、いざ教えるからにはと、今年アートセラピーの資格を取りました。まだまだ初級段階ですので、もっと勉強したいと思っています。

 
  • コメント(全1件)
  • いずみ 
    6/6 14:21

    史湖サンは、色んな才能を持ってるんですね〜


    というか、努力の賜物やね


    アートセラピーって、子供の可能性も発見出来そうやけど、大人の可能性も発見出来そう(*^o^*)



  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)