ワタミの渡邊会長から学んだ事。

渡邊美樹会長の書籍から学んだ事。
「常にノート
をつけるようにしています。」

私も、秘書時代から
メモは良く取っていましたが、後で読み返した時に連絡先などが分りやすいように
キレイに書いていました。
でも渡邊氏のメモの取り方は箇条書きで、終了すれば赤鉛筆で塗りつぶす。
そうすると、黒の文字が浮かび、終わっていない案件が一目でわかる
との事。

それ以来、赤鉛筆で塗りつぶしたノート。
必要事項はスケジュール帳に記載し、メモ用ノートはまるで落書き帳のよう。

一日数ページ使い、メモを記入する日もある。
そんな日は、さずがに全部終了しきれず…それと同時に
疲れも消えない。

自分がしなくては
と、思っている事と、出来る事は随分違うようです。
理しないように目安にもなる


最近は、日用雑貨や食料品の買い物リストも書き込んでいるけど、意外と便利ですよ