御縁の月「神在月」

私の生まれ育った出雲では今、旧暦の「神在月」
日本全国から御集りになられた神様が壱年間の事柄をお決めになられるとの事。

だから地元の人間は神様の邪魔をしてはならないのです。

基本的に、出雲大社にお泊りになられるのですが、それでも定員オーバーな場合もあります。
その時は近くの山や林、または湖などにご宿泊なさる為、この時期、人間は立ち入れてはいけない場所も数多くあります。

こんな話…マンガ昔話みたいでしょ

「千と千尋の神隠し」を見た時「出雲の話みたい
」と思った島根県人は私だけではないはず。
神様のお供えに手を出した千尋の両親が豚に変えられるなんて…まさに神話の世界。

この時期、地元の人間は華美な事は差し控え、神様が疲れを癒して頂けるように心配りをするのです。

今の時代に、不思議な世界だと思われるかもしれませんね。


 
  • コメント(全4件)
  • 威風堂々 
    11/22 23:58

    ‘人智を超えた大いなるもの’に敬意をはらう姿勢が現代の生活に生きているのは素晴らしい伝統ですね


    ‘伝統’って古くさい概念や過去の遺物みたいに扱われる事があるのは残


    伝統=古い習慣ではなく、良い精神性を受け継ぎ、とらわれず、少しの変化をしながら、時代と融合するバランス感覚で生かしていければと常々思ってます。

    華美な事を避けるなら、結婚式とかも少ないのかな?
    東北は10月は米の収穫作業で忙しく、寒くなる12月をさけて、11月結婚式&披露宴多いです。
    喜ばしいお祝いごとだけど、11月に3件あった時はきつかった


  • いずみ 
    11/23 01:15

    1年間の事柄…もう決まったかな


    香川の神様
    「そろそろ、あの子にええ人
    合わせてあげようかと…
    の歳で、まだ地に足が着いてないみたいやけど
    如何でしょう


    他の神
    「大丈夫かな
    あれは努力が足らん


    香川の神様
    「そうなんですよね〜
    こがちょっと不安なんやけど、なんとかなりそうでし


    他の神
    「よし


    な〜んて、私を選んでくれんかな



  • あんこ 
    11/23 04:47

    なんか面白いですね


    数年前、ご縁を求めて出雲大社にお参りしたら、もうひとつ有名な縁結びの神社にタクシーの運転手さんが連れて行ってくれた事あります

    結婚したのはまた数年後なのでその時のご縁かどうからわかりませんが


    神社行くと気持ちが引き締まりますね。
  • U34DJYUJI 
    11/23 16:51

    出雲かぁ僕の田舎は
    出雲市地会町なんだ
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)