すだちの香り

  • 野崎史湖 公式ブログ/すだちの香り 画像1
  • 野崎史湖 公式ブログ/すだちの香り 画像2
今日、事務所に徳島の特産品「すだち」が届いた。差出人は吉野川商工会議所の山口さんからだった。
箱を開けた瞬間に部屋中に良い香り…。私との約束を覚えていて下さったのだと…思わず嬉しくなった。

スタッフも手を止めて覗き込む。(みんなで仲良く分け合う事に。)

山口さんとは、私が商工会議所の依頼で徳島に出かけた時にお世話になった方。
空港まで出迎えて頂いた時が初対面。
そこから現地に向かう途中、ご家庭での事を嬉しそうに語られているご様子に、良き夫、良き父親を見て取れて、とっても親しみを覚える事が出来た。

東京では、あまりプライベートの話題は出ない。
でも、地方出張時には、よそ者である私に気を使って御自身の話をして下さる方に恵まれる。山口さんもそのお一人。

商工会議所での仕事の翌月、違う案件で再び徳島往訪した際、空港に見覚えのあるお顔が…山口さんだった。
私が来ると分かって、わざわざ会いに来て下さった。
前回、私に非常にお世話になった御礼だと言って、徳島銘菓を用意してきて下さった。立ち話で挨拶を交わしただけだったが、にじみ出るそのお人柄に「徳島県」そのものが好きになった。(お菓子も美味しかった)

皆さんも、知らない土地で親切にしてもらうと、その場所が大好きになる。
そんな経験はありませんか?

誠実で、家族思いの山口さんからのメールには、必ず奥様の事が書かれている。
その文面がとても温かく、私も思わず夫に読み聞かせる。

「世の男性よ。このようにあれ。」と言いたくなる。


最後に、これは私の分。
今夜は焼き魚に搾ったり、果肉はあんかけ椀に、皮は冷奴の薬味にしたりと、食事に香りを添えてくれました。

 
  • コメント(全3件)
  • MIYAVVV 
    8/5 06:03

    おはようございます
    そうですねー

    旅先やふとした親切をいただいたときの土地や食べ物は、そのときの嬉しさが加わって心温まる思い出や味になりますね


    さぁ今日も張り切って今日を楽しみましょう

  • あんこ 
    8/5 06:41

    おはようございます


    私も阿波踊りが大好きで二、三度徳島に行った事があります

    行った先で起こる事でイメージついちゃいますよね。良い人達に巡りあえばすごく好きになるし…

    私は逆に研修で行った某県の駅ビ
    が汚かったのがずっと印象にあります。
    嫌な事もずっと刻まれてしまいますね

  • ミラ 
    8/5 15:30

    こんにちは

    昨日は爽やかな香りに包まれたお食事だったんですね


    若い頃に徳島に旅行に行きました

    その時に、土産屋物店で『持っていれば無事(家に)帰る
    お財布に入れておけばお金が(自分の元に)かえるんだよ』と小さなカエ
    の人形をくれた事を思い出しまし

    しかも、別々の2軒の土産物店で

    優しさがスゴく嬉しかったなぁ



  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)