お疲れ様

今日は私の事を書きます。
勤務先がプロデュース会社という事もあり、ほぼ毎日、子供連れで出勤しています。かなり融通がきく会社と云うべきなのかもしれません。その名のとおり働く母をしています。


託児所に預けたら、もっと仕事に集中出来るかも…と、幾度も考えもしましたが、高齢で出産した私は、あと何十年この子と同じ時を過ごせるのか…と思うと、ついつい頑張れる気になり、両立したくなりました。

今日は朝から会議が立て続けにあり、子供の顔をゆっくり見る事ができなかったせいか16:00〜の会議では、私が打ち合わせに入った途端に泣きだしてしましました

隣の部屋から漏れ聞こえる泣き声に…

先様にも「どうぞ
…どうぞ
…」と気をつかわせてしまう有りさま。

ご承諾頂き、仕方なく抱っこしながら打ち合わせをする事に…。
今まで、仕事中には殆ど泣いた事のない子でしたが、今日はよほど淋しかったのでしょう。

抱き上げた瞬間、軽いはずの我が子がずっしり重く感じました。

世の中のママさん達の中には、私と同じように、子供と24時間一緒
の方もおられれば、様々な理由で一日のうち限られた時間しかお子さんと過ごせない方もおられるでしょう。

でもどうか、たくさんの愛情を注いで下さい。


私の好きな作家「石井桃子」さんの詞に次のような文があります。

子どもたちよ
子ども時代をしっかりと楽しんでください。
大人になてから
老人になってから
あなたを支えてくれるのは
子ども時代の「あなた」です

私のブログを読んで下さる皆様、まわりに「子ども」がいたら、是非とも、たっぷりの愛情をかけてあげて下さい。

自分の子供でも、近所の子供でも、私達は大人の一人として、その子の未来に関わるのですから。

叱るのも愛情とエネルギーがいるし、教えるのも体力が必要になります。
でもどうか、私達おとなが「大人らしく振舞う事」が出来るよう心がけてはみませんか?

いつも応援して下さる方々に感謝しています。
ありがとうございます。それから皆様も
お疲れ様でした








 
  • コメント(全3件)
  • ごはん 
    7/2 00:49

    素敵ですね。
    ベビーから大人まで、いろんな世代の方に、水泳を教えさせていだだいてますが、叱るのはほんとに疲れます…
    上手に泳がせたい!もっとできるって気持ちが先走ると、ついつい『叱る』ではなく『怒る』になってしまったり
    色々ありますが、子供の人生のはしっこに、私が残れば…といつも思って仕事してたので、読んでてなんだか感動しちゃいました!

    また明日も頑張れそうです
  • かまっち 
    7/2 05:04

    おはよ
    同い年なんでお互い頑張っていきましょ

  • ポッケ 
    7/4 01:31

    ありがとうございます。
    とても勉強に なります。

    母親として妻として女として私も頑張ります。
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)