Answer

  • 野村佑香 公式ブログ/Answer 画像1
  • 野村佑香 公式ブログ/Answer 画像2
  • 野村佑香 公式ブログ/Answer 画像3
中世ヨーロッパの街角のような

石畳に、低い街灯。

そして、赤いレンガの建物・・・・

丸の内ブリックスクエアーです


東京駅ほど近く、高層ビルに守られるようにポッと
箱庭のような、なんとも雰囲気のあるお庭と建物。

この中にあるPass the batonというお店も好きなのですが、
今日のメインはここ



三菱一号館美術館で行われている
「トゥールーズ=ロートレック展」を見に行く事


ロートレックさんといえばムーランドルージュなどのポスターで有名。

同時代に生きた印象派の画家達の絵画はよく見るのですが、
ロートレックさんは見ても1点ほど?
多数の作品をきちんと見たことが無かったのです。

とてもとても楽しみにしていたこの展示。
(同じくらい、美術館内にあるカフェ「1894」を楽しみにしていたのだけれど、
なんとイベントがある為、入れず
 また、今度〜)

ユーモアをふんだんに感じ、

力強く迷いのない線、卓越した彩色のセンス

浮世絵から影響を得ている構図

どれをとっても私のどストライク


ツボにはまるものが多かった


文章もそうだとおもうのだけれど、

シンプルにシンプルによりダイレクトに
伝えられることができるってすごいことだ、
と改めて思う。


浮世絵も興味があり、好きなのでその影響(ジャポニズム)
が見られる印象派(後期かな?)が好きなのですが、

ポスター作品がロートレックの画家の名を広めただけあり、
ポスターだけでなく、今回初めて見れたリトグラフなどの作品も
キャッチーで洗練されていて。
額の中の構図、切り取り方が面白いので
まるで額から飛び出すように見えるし、

その先を感じられる。

また展示を見ていて、

『自分だったらどういう色で塗るかなー?』

と、考えていたのだけれど、
開催HPを見たら“ロートレック展ぬりえコンテスト”なるものが
やっていたのね(笑)


あーーー、面白かった


現代美術やデザインが好きな方
漫画を描いている方とかも
すっと入っていける展示会なのだろうな


行って良かった




と、大満足で美術館を出たら、
すっかりイルミネーションが輝いて
丸ブラ?!しました。

イルミネーションに映えるロートレックの力強い線とポップなデザインもパチリ






美術館で購入した自分へのお土産は
ポストカード4枚とバースデーカード


私が気に入った作品はマニアックなのか、
いつもポストカードになっていなくて残念。

今回もメイ・ミルトンという女性が
片足をルンと上げているポーズを
一筆書きのように描いているのに「ハッ」とさせられて
とても好きだったのだけれど 、

好きだったのは色付きのものではなくて、
(会場では、線のみのためし刷りと色付きどちらも出展されていた)
色つきのものしかポストカード出なかったので断念。

ポストカードサイズになっても
インパクトとユーモアは健在


新鮮な驚きとポップなユーモアを見せてくれた

ロートレックさん、ありがとう

 
  • コメント(全4件)
  • No. 
    12/15 10:52

    壁の花

    素晴らしい。

    共感 共振。
    薔薇の花束 空の色は今?
  • ゆう新潟、忙しいけどINが減りますm(__)m 
    12/15 11:52

    イルミネーション綺麗だねぇ!各地でX'masまでイルミネーション花盛り

  • ゴリ《(∋Δ∈)》 
    12/15 12:45

    東京丸の内だったか
    何処も似たようなイルミネーションだから解らんかっ


    塗り絵はどんな感じ

  • さ湯 
    12/15 12:50

    イルミネーションはそこでしたか
    三菱一号館美術館の裏ですよね。
    あそこは本当いい雰囲気で大好き
    通るだけでいい気分になれる。
    『トゥールーズ・ロートレック展』には
    私も10月末に行きました
    知らなかったロートレックが観れたし
    油彩はもちろん素描の素晴らしさに感動
    味のある線に見入ってしまいました。
    行きたかった美術館だったし期待以上の
    展覧会で良かったです。

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)