北欧小話 フィルム写真館 ベルゲンまで その1



やっと太陽が顔を見せてくれましたね!!!

そう来なくっちゃ、2011夏!!

天気が悪く、私の体調は大丈夫か・・・?
なんてコメントいただいてましたが、

そういえば、知らない間に夏風邪をひいていたみたいで・・・
昨日はなんだか一層体調を崩し・・・

今日になって完全復活だ!!

と思ったらの晴れ間


ただの偶然だけれども、なんともうれしいじゃぁあーりませんかっ♪

そして、カメラといえばFUJIFILMユーザーの私。

北欧で撮ってきたフィルムカメラ10本の現像写真を
お願いしていたのですが、先日手元に


この時間差がたまらないフィルム写真。

カメラのストラップが入ってるという初歩的ミスが
たたみられて、自分にがっかりだったのですが、

でもやはりフィルムの方が写真としてはおもしろいなぁ〜。
と改めて思いムフムフ何回も見直していたのでした。

北欧は色使いが綺麗だろうなぁというのと

自然が美しいというので、8本カラー:2本モノクロ

とモノクロ率が低かったのですが、
やはりモノクロ写真をみて「もっとモノクロ写真とっておけばよかったー」
と思うほど明暗ぐあいが美しい。

勝手にでもドラマチックにしてくれる。

それにしても・・・。
うーん。もっとカメラの腕をあげたくなってきたな。
とカメラ女子ともいえない初心者マークのわたくしはそう思うのでした


で、いままでこの小話ではベルゲンまでを旅して来たけれど、
それまでで気に入ったフィルム写真をセレクトして
皆様にお届け♪

で、次からの北欧小話から
フィルムもデジタルも混ぜた写真を使っていきます

(ただ、greeさんではどうしても3枚と投稿写真枚数がきまってしまっているので、たくさん写真がみてみたい!と思ってくださった方はnomulaboブログの方をのぞいてみてください


その2へどうぞ


 
  • コメント(全2件)
  • ライノ 
    8/23 19:26

    私、銀塩(フィルム)派で

    頭の中のイメージ通りのプリントが出来ると嬉しいですよね

    マッ、なかなかイメージ通りに行きません

    ガンバレ〜(^O^)/
  • さ湯 
    8/23 23:08

    体調崩してたんですか。
    元気が戻ったようで何より
    ボクの35mm一眼レフは休養のまま十年。
    まことに申し訳ない
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)