イタリア小話 大地の港町ソレント

  • 野村佑香 公式ブログ/イタリア小話 大地の港町ソレント 画像1
  • 野村佑香 公式ブログ/イタリア小話 大地の港町ソレント 画像2
  • 野村佑香 公式ブログ/イタリア小話 大地の港町ソレント 画像3
あぁ・・・。毎日寒いですねぇ〜


しかも、あれ?まだ一月

一月って長くない??

と、いうことで気分だけでも、
日差しが強くて温かな南イタリアへ


ソレントに行くのには、

電車で行きました


そこのね。。。運転手がね。。。。

もう、南イタリアにいくんだな。と実感させてくれるような人でね。。。



「佑香、こっちにきて写真をとてくれ!!」

「佑香、アドレスを書くから写真を送ってくれ!!」

「アドレスを教えてくれ!!」

いやいやいやいや・・・・

こっち振り返って話しかけてくれなくてもいいから、
前向いて仕事してくれ〜〜〜〜〜〜


そんなこんなで、べスヴィオ火山を横目に
ハラハラさせられながらたどり着いた「ソレント」

知り合いからは「一番うれしそうな顔をしていた」と

感想をいただいたレモンチェッロを作らせてもらいに行った
アグリツーリズモ(農家さん宿泊体験)の私の部屋が
めちゃくちゃ可愛い部屋だったのです


「バルコニー」と名前のついた

その名の通り、大きなバルコニーから海が見える部屋は、


そのバルコニーにあるくるみの木が部屋の中まで

壁のそこかしこにくるみのイラストが描かれているの!!



テンションあがって、自分撮り


ビットリアさんに聞いて、自分でも持って帰ってきたレモンチェッロの作り方は次にアップしますね☆

そして、ソレントの伝統工芸・はめ木職人さん

のかっこよさ☆

覚えている方も多いのでは??



「美しいソレントを世界中にはめ木で広げることは、
自分の家族を送り出すようなもの」

という素敵な話をしてくださったおじ様

この方のはめ木が実は、ソレントの

Cattedrale dei Santi Fillippo e Giacomo

という教会で見れます

私は、これを見ても最初「絵」だと思っていました!




ね、美しいでしょ?



これは、教会の入り口の天井。

なんと天使がレモン畑でレモンを収穫中☆

ソレントならでは!

このカテドラル(司教がいる教会のこと)は、
ソレントの街や歴史がはめ木で表現されています。

聖書台や、司教席、聖書の絵など

重要なものはすべてはめ木。

それだけソレントを代表する伝統工芸だということなんですね





この旅で大好きになった街の一つ、ソレントでした〜

 
  • コメント(全8件)
  • 放浪人(TABIBITO) 
    1/26 18:09




     おっ
    度はハッキリ
      カメラがわかる

        思ったよりデカいな…


      って ゆぅか…
        (シャレじゃないっス)

     おじさん、遠まわしに
      野村さん
       口説きたかったんじゃない


  • じょーじ※謝謝※ 
    1/26 18:13

    こんち

    写真が素敵ですね、イタリアのまったり感が…

  • 葉瑠 
    1/26 18:38

    イタリア素敵ですね

  • ぽかチュウ♪セカオワメロディー 
    1/26 20:22

    運転手のおじさん
    愉快ですね

    たのしそー

  • 遊羽**経験が活かされる日々でありますように** 
    1/26 23:25

    イタリアの街

    歌声に溢れていると


    ソレントへ…

    有名なあの歌

    聴かれましたか?


    また

    教えてくださいね
  • さ湯 
    1/27 22:16

    ラテン系といえる南欧、つまり地中海を囲む
    国々の人たちは人懐っこいですね

    農民や漁民、下町レベルになると日本と一緒
    の感性で、より親近感が沸いてきます。
    高級車やファッションの斬新な感覚も含めて
    イタリアの魅力なんでしょうね。
    レモンチェッロ飲んでみたい。

  • キクリン 
    1/29 06:46

    へぇ〜オイラもその作戦使ってみようかな?

    でも電車の運転台は中々写真撮れないよ

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)