三回目の正直w シネマ イベントの記事UP

  • 野村佑香 公式ブログ/三回目の正直w シネマ イベントの記事UP 画像1
  • 野村佑香 公式ブログ/三回目の正直w シネマ イベントの記事UP 画像2
都内の映画館やカフェ、

本屋やギャラリーなどの様々な空間に

あわせて世界各国の映画を上映している

Kino Igle(キノイーグルー)さんのシネマイベントに

先日いってきました

今回、会場になったのは

小田急線の経堂にあるCURA2さん

(http://cafe-cura.com/)

写真なかんじでに店内奥にスクリーンが。

1ドリンク+1フードを選んでから好きな位置に座る。

奥に向かって長細く、面積としては大きくはないのだけれど、

とても落ち着いたインテリアで、こまごましたところまでこだわっていて

可愛くオシャレなので、“狭い”とは感じず“居心地がいい”と感じる♪

イベントで貸し切りの店内は女性だらけで、

ちょっとでもそのセンスを盗もうと、私のように

雑貨や家具をしゃがんだり覗き込んだりしている
方が多かったw

さて、おおぶりに切ってあって嬉しいベークドチーズケーキと
これまたおおぶりなカップが嬉しいカフェオレを手にして、

気に入った椅子を選び座る。

そこで、始まったのがこの映画



『ぐうたらバンザイ』

黄色の枠にはいっているのが、

有名なサヴィニャックが書いた当時のポスター。

ヌーベルバーグといって、新しい映画の波が
訪れていて、トリュフォーやらゴダールやらが台頭してきた時代の
フランスの古きよきコメディー。

映画のあらすじには、

大土地主の農家のぐうたらな亭主と
彼を見事に操縦しまくっていた奥さんとの生活が
奥さんが亡くなった事で一転!

彼が自由を謳歌し、ぐうたらバンザイな生活を始めて・・・??

というものを読んでいったので、

フランスのおしゃれで笑える軽い気持ちで観れるものなのかなぁ〜。

と観始めたら、

その通りだったのだけれど、先入観と違った点が一つだけ。

「犬の映画」だった!!!!

これはもう、お犬ちゃんは主役級の物語で、

ぐうたらなアレキサンドレのとてもよき相棒なのです。

犬好きな私としては、嬉しいサプライズ!

たまりません


そして、このカフェ・CURA2さん。

ここもお犬がいたのです。

ニコラちゃんという白いテリア。
9歳のおばあちゃんとは思えないほど、元気で

また映画で犬が出てくるいい場面で
トコトコと私たちの前に現われてくれたりするのです。

そして、映画は“回りに流されず、自分のペースを

自分の一番大事なものを大切にしなさいよ”

というメッセージをアレキサンドレを笑ったり、呆れたりしながら

私に押し付けがましくなく、ストンと残してくれたのです


自分の気持ちに気付くまでが
とてつもなく時間がかかる。

物事を本当に意味で、心の奥まで受け止めるまでにも、
時間がかかる私にとっては

その映画を観た時間、CURAさんで一人で過ごした時間は

とても宝石のようなキラキラした、大切な時間になったのでした

 
  • コメント(全9件)
  • さにぼー 
    6/5 14:10

    素敵なひとときでしたね

  • モト 
    6/5 14:18

    ワン

  • 放浪人(TABIBITO) 
    6/5 14:49



      日本の映画館も変わったね

      今は映画館とは言わないんだっけ

      座席数が少なく
      指定席制で落ち着いて観れる

      しかし1回限りで退場


  • 雪美(最近放置気味) 
    6/5 15:19

    映画面白そうですね


    見てみたいで

  • Coh. 
    6/5 15:20

    シネコンは売ることを優先しているから普段見られないような映画が見られるのはいい

  • ホヌ 
    6/5 16:06

    素敵な空間で、楽しい時間を過ごしたんだね



  • ポーン 
    6/5 17:52

    とてもいい経験をされたようですね。それもきっとあなたの感性の良さなんでしょうね
  • ひで 
    6/5 19:31

    映画館の感じがしないですね。


  • ピーチ 
    6/14 03:19

    佑香ちゃん、あなたを今日、今までよりももっともっともーっと好きになりまし
    その物事の感じ方、とらえ方、受けとめ方、とても素晴らしいです

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)