BEHIND THE COOLNESS〜連載リスタート第二回

  • 野宮真貴 公式ブログ/BEHIND THE COOLNESS〜連載リスタート第二回 画像1
  • 野宮真貴 公式ブログ/BEHIND THE COOLNESS〜連載リスタート第二回 画像2
  • 野宮真貴 公式ブログ/BEHIND THE COOLNESS〜連載リスタート第二回 画像3
−−実際のステージではトラブルはなかったですか?


野宮 劇場に入ってみないと、わからないことがいくつかあるんです。まず、舞台の背景にあったスクリーンは大きすぎてリハーサルスタジオでは再現できない。映像は事前にコンピューター上で確認はしていて、前もってシミュレートすることはできるけど、現場に入らないとそのスケール感はわからないから。今回の演出では映像とシンクロするシーンがいくつかあって、それは劇場に入って初めてタイミングをとるしかない。それはちょっと難しかった。


湯山 スクリーンに映したスチルの前で野宮さんがポーズをとる演出があったでしょ。あれも問題なくうまくいったと思う。だけど、「そもそも」って話なんだけど、そういうキメキメの場は歌詞間違えたら一発でダメになるんだけど、よく忘れないね、いろんな曲の歌詞を(笑)。


野宮 結構間違えてるかもよ(笑)。不思議なのはリハーサルで間違ったことがないところを本番になると間違えるんだよね。


湯山 この前『Numero』の取材で、パーティ特集の一環でカラオケを取り上げるとになって、私が架空のカラオケパーティを主宰することになった。そうしたら、マイクがあるので「歌って!」ということになったんですが、私ほどのカラオケ・クイーンにして、はっきりわかったことが、 画面の文字を見ないと歌えない、ということ。撮影で画面バックに歌ったものだから、もうタジタジ。空で歌うとなると視線が定まらないのよ。


野宮 なに歌ったの?


湯山 洋楽ロック専科なんで、いつものツェッペリンだよ。でもボロボロ(笑)。レベルの低い話でもうしわけないんだけど、カラオケがうまいひとがステージでちゃんと歌えるかといえばまったく違うからね。そうそう。音楽はどうだった?


野宮 今回音楽を担当してくれたのはこのリサイタルのためだけに結成されたユニット「キクチモモコ」の菊地成孔さんと元FUTONのモモコモーション。打ち込みベースだったけど、ドラムはナマのバンド形式。最初は曲だけお願いする予定だったんですけど、菊地さんもモモコさんも舞台に出てくれることになった。


湯山 実際、ステージはバッチリでしたね。見せ方を知っているふたりだから。


−−最初に電光掲示板に文字が流れてきたじゃないですか、あのテキストは誰が書いたんですか?


野宮 あれは演出の林巻子さんが、辛島いずみさんにオーダーして書いてもらいました。


湯山 テキストが時代を表していましたよね。


−−あれはおもしろかったですね。


野宮 よかった。ちょっと笑えるような要素も入っていたから、どうかな?と思ったけど、あえて入れることに最終的に決めたんですよ。とくにオープニングの演出は笑いを意識していなかったから。


湯山 あれはお笑いじゃなくユーモアの範疇。丸山敬太さんの衣装もよかったよね。


野宮 倉庫に眠っている膨大な量の(丸山)敬太さんのアーカイヴを、各アイコンのイメージに合うものを敬太さんとピックアップして、足りないものはヴィンテージショップで一緒にさがして。このリサイタルのために新しい衣装も作っていただきました。毎回恒例になっている姫ドレスは、今回はとうとう電飾が入りましたよ (笑)


湯山 それほど難しい仕掛けじゃないけど、業者に頼むと高くつくから、あれもマニファクチャーなんだよね。衣装部のスタッフはすばらしかった。野宮真貴のリサイタルはライヴと演劇とファッションのショウが絡んでいるわけだから、舞台裏は本当に大変なんだよね。とくにフィッティングは重要。リハもほとんどがフィッターとの段取り確認でしたからね。


野宮 ストップウォッチを片手に、早着替えだけの練習もします。お見せできないけど舞台裏はすごいことになってます(笑)。


湯山 私は、本番中は受付にいることが多いからステージにはあまり立ち会えないけど、リハを見る限り、野宮さんはそんな様子を微塵も感じさせず、淡々としているよね。


野宮 本当は緊張してるんだけど、とにかく段取りやきっかけが多いので、平常心を保たないと歌詞もタイミングも全部飛んじゃうから(笑)。精神力でクールを保ってるという感じかな。過去二回のリサイタルは、初日は本気で逃げ出そうかと思ったほど緊張してた。だけど今回は一日勝負だったからそうもいかない。 今回精神力は鍛えられました。

 
  • コメント(全10件)
  • fica (o^^o) 
    11/19 01:47

    東京
    夜の1


    ィエイ
    ィエ
    エイ

    フゥ〜


    ワーイε=ヾ(
    ・∀・)/
  • ウォルクガッホ ギア戦士 
    11/19 01:48

    懐かしいな〜。アンダーグラウンドカルチャー。フィンランドのハウスの宇宙旅行みたいですよ♪
  • ジャック 
    11/19 01:49

    何回ライブをやっていても緊張しちゃうんです
    向上心が強い証拠ですね
    も仕事に緊張感を持ちます

  • om. 
    11/19 02:01

    またじっくり読んで
    コメントさせて頂きます

  • ☆星心☆‥…━☆゛ 
    11/19 08:34

    楽しそうだなぁ〜♪
  •  
    11/20 13:26

    素敵な衣装

    確かに リハーサルでステージに立たないと わかりませんよね。沢山のスタッフさんが 知恵を出して 一つの作品をつくるって言うプロセス 凄いです。
    観客席の皆様が何かを 得るため
    皆様の努力が 伝わります

    成功したよう
    何よりです。次回の新しいチャレンジが ワクワクしますね

  • イソフラボン 
    11/20 21:55

    ライヴと演劇とファッションの融合


    野宮さんにしか再現できない世界ですね


    次が楽しみです〜


  • om. 
    11/21 19:59

    仕事っ
    緊張しますよね…
    実は極度の緊張症
    でして…若かりし頃
    組んでいたバンドに
    かなりの迷惑
    掛けたものです(痛)


    プロは本当に凄いと
    思う。楽しみ以上の
    多忙、緊張との戦い


    観ていて勇気
    楽しみを本当に沢山
    ありがとう∞
    って思います


    精神力向上

    頑張ります(*yωy)

    om.xxx

  • 月島 
    11/23 17:02

    生飲み屋さんは未だ拝見したことがないので一度お伺いしてみたいです

  • Morris 
    12/6 05:33

    毎回野宮さんの日記に励まされます。
    湯山さんのツェッペリ
    聴いてみたいなぁ…
    ツェッペリン気分向上したい時に聴きます。
    xxxom.
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)