フェイクな私?〜連載第3回

  • 野宮真貴 公式ブログ/フェイクな私?〜連載第3回 画像1
  • 野宮真貴 公式ブログ/フェイクな私?〜連載第3回 画像2
  • 野宮真貴 公式ブログ/フェイクな私?〜連載第3回 画像3
湯山 野宮さんは歌でもそうだけど、聴いている人の気持ちを代弁しないですよね。野宮さんの歌を聴いても、人生を応援されないし、きっと勇気づけられたり泣いたりはしない(笑)。


野宮 たしかにピチカート・ファイヴのときも含めてリサイタルをやる以前は、そんなことは一度もなかった。でも、今はそうでもなくて。リサイタルをスタートさせてからはじめて、私は音楽を通して人に勇気を与えたり、感動を与えたり、ってことを体験したの。リサイタルのステージが終わると、何人かの女の人が涙を流してた。ちょっとそれには予想外だった。きっとリサイタルのステージには、今までの野宮真貴にはないパワーが込められてるんだと思う。


湯山 まあ、アーティストは舞台の上で聞き手やつくり手を現場で裏切っていくわけですからね。つくり手はそういう風に発信していないんだけど、観客は舞台になんらかの心のあり方を投影して、自分の物語をつくっていく作用があったんじゃないですかね。普通のライヴとかコンサートではステージの上からガンガンメッセージを発信するわけじゃない? 「もっと生きろ」とか、言葉に限らずオーディエンスと共感するように、どんどんサービスしていく。でもリサイタルでは逆に観客が野宮さんの方に向かっていって、「自分の女の物語」をつくるんですかね。リサイタル自体は「フェイク感」がコンセプトなんだけど、野宮さんが実際に歌手として舞台に立ってみると、そうじゃない部分が出てくるのがすごくおもしろい。それは歌手の実力でしょう。その音楽面では、今回の音楽監督はダブルネームですね。前回に続いて菊地成孔さんと……。


野宮 FUTONというタイのバンドの紅一点、日本人メンバーのmomokomotion。彼女はFUTONを脱退してソロになり、最近日本に戻ってきた。実は FUTONの時代から私のアルバムに曲を書いてもらってた。それで、今回の音楽監督は菊地さんとmomokoちゃんとで、リサイタルのためだけにユニットを組んで、名前が「キクチモモコ」(笑)。


湯山「ラ・ムー」な感じでいいよね(笑)。エレクトロだし。今回の衣装もカワイイよね。


野宮 丸山敬太さんからはずっと「リサイタルの衣装をやりたい」と言ってもらってたんだけど、去年のリサイタルはちょっとダークな世界観だったから岩谷(俊和)くんにお願いして。でも今回のテーマは敬太さんの世界観にピッタリだと思うし、オードリー・ヘプバーンやブリジット・バルドーといった50年代の女優さんも演じるから、是非やってもらいたかったの。今敬太さんにはリサイタルのためだけに新しいドレスをつくってもらっていて、その完成がすごく楽しみなんだよね。


湯山 野宮さんの魅力を知り尽くしている人だからね。敬太さんの作家としての理想とあんまりブレてないんじゃないかな。あと、野宮真貴という存在に、デザイナーが燃えるんでしょうね。前回の衣装をお願いしたDRESS CAMPの岩谷(俊和)くんも必要以上に燃えていただいて大感謝だった(笑)。そうやってデザイナーなりミュージシャンなり才能を自発的に集めて組んでやっているから、やっていることは、ゼロ年代最後のプチ・バレエ・リュッス、ロシアバレエ団(笑)。

※写真は舞台演出の打ち合わせをする野宮さん。意匠は? メイクは? それは見てのお楽しみ!

 
  • コメント(全9件)
  • 希友梨【本日GREE引退今までありがと♪】 
    9/16 21:07

    衣装が丸山敬太さん

    うわぁ、スッゴく楽しみで

    野宮さんの世界が また広がっていくんですね

    リサイクル、絶対に行きま

    あぁ、お小遣い貯めなくち
    関ジャニ∞のライヴDVD
    うから
    1から貯めなおします(笑)
    息子たちよ、カンパして

  • じゅん☆お友達アリガト(T_T) 
    9/16 21:08

    こちらが勝手につくっていた、今までの真貴サンのイメージを変える様なステージなのでしょうか

    見たいです


  • スモーリィ@ドリのみoff.バタバタ続き、暫く休みまふ(≧ー≦人) 
    9/16 21:13

    衣装
    メイク
    是非×見たかった


    ボヤケた画像
    一層興味をそそりマ


    野宮サンの世界観、タップリと堪能出来て幸せデス

  • ありがとう 
    9/16 21:27

    こんばんは(^▽^*)

    ハジメマシテです


    ワタシ今、子育て真っ最中で、ナカナカ自分の時間て持ててないのですけど、野宮サンの日記がアップされるのとっても楽しみにしてます(^O^)/

    青春時代が蘇るようでワクワクなんです


    またお邪魔させてください

  •  
    9/16 22:09

    確かに アーティストとって 何かを 発信させるパワー
    って 受け止め方も それぞれの 角度だったりする気がします
    ァタシは いつまでも 女の子で いたいです
    つまり ちょっぴり お洒落で いたい
    の子
    いたいですね
    像は ワクワクする

  •  
    9/16 23:21

    キクチモモコが楽しみです

    おつかれさまです

  • om. 
    9/16 23:28

    私の知る範囲での
    KEITA MARUYAMA氏
    野宮さんの存じ上げてらっしゃる丸山敬太氏
    私はメランコリック、スパイシーなデザイン且つ惹かれ
    ものでKEITA MARUYAMA
    を幾種か取り入れて
    ファッションを楽しんでおりますが…
    野宮さんの衣装は
    メランコリック<スパイシー
    このバランスが好きです。
    次の衣装は丸山敬太サンでは無く丸山さんらしく仕上がっているとの事で…楽しみです。

    いつまでもフェイクな女性として色とりどりの
    野宮さんを魅せてくださいxxx



  • om. 
    9/17 07:24

    追伸
    今年は丸山敬太氏の
    デザインなんですね
    早とちりしてコメント!
    (恥)
    いずれにせよ
    何を召されても自分の世界を創り出してしまう野宮サ
    楽しみにしておりま
    xxx

  • のんちゃん 
    11/21 17:17

    はじめまして、永遠のアフロディーテ


    発言すべてが参考になりま


    私の日記の中にも、一度「靴運と傘運」というタイトルで、
    書かせていただきました。

    大好きです

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)