ピアスの話

これは、仲の良い友人Hちゃんが教えてくれた話です。


ある夏の日、私と友人H、友人Rは三人で渋谷の町を歩いておりました。

友人Rは、少し重めのピアスを付けていました。
歩く度にピアスが揺れて、なんだか耳たぶが切れてしまいそうだったので

「Rちゃん、なんか耳たぶ、ピアス重くて切れそうだよー!」
と報告したわたし。


すると友人H
『耳たぶは丈夫だから大丈夫だよ!2トンの重さまで耐えられるって聞いたことある!』


「え!?2トン?????!!!!」
と、驚くわたし。


眠たくて会話に参加していない友人R。


「え、2トンってゾウより重いんじゃないの・・・?」
と、焦るわたし。


『や、意外と大丈夫なんだよ!』笑顔で話す友人H。


(2、2トンって・・・人体の頑丈さどんだけ〜)
「ううう、Hちゃん、それどこ情報?」


『世界ま◯みえ!』


「うううううまだ信じられん・・」


『んー、なんかね、えーっと、2トンじゃなくて2キロだったかも』


「えーーー2トンと2キロって全然違うやないかーーーい!笑」



それから数日、この会話が頭から離れません。
そもそも2キロも結構重いと思うんだけど・・・
試す勇気はありません。。