今日という日

日付は過ぎてしまいましたが、
東日本大震災からちょうど1年が経ちました




沢山の命が奪われ沢山の方々が犠牲に
なりました。


大切な人を失った方々の気持ちを考えると
胸が張り裂けるように痛みます




そんな悲しみを、悔しさを、
どこに向けたらいいのか分からずに、
涙さえ流れなかった方々も
沢山いると思います。。




こんな私が軽々しく口にする事自体、
物凄く怖いし失礼な事なのではないかと
考えてしまいます。







自分はあの時、友達4人で福島に
スノボをしに来てたのですが、
目の前で起きている出来事や

テレビで幾度となく流される映像を
ただただひたすら見つめるだけで、
何も言葉になりませんでした





朝までは騒いでたりしてた私達も
まるで嘘だったかのようにみんな
ただテレビを見つめていました



ただただ流れてくる現実はすごく残酷で
言葉が出ませんでした





周りで起きている現実が全く理解できず、
まるで映画の中での出来事なような
映像ばかりで、
“これが今日本に起こっている事なのか”

といつまで経っても信じられませんでした





沢山の言葉や気持ちに、

傷ついたり絶望を感じたりしました


それと同時に、沢山の人々の優しさや

愛に触れました





世の中は悲しい事ばかりのはずなのに
人の親切や優しさが物凄く暖かくて、

自分はなんて未熟な人間なんだと
思い知らされました





様々な気持ちが入り交じって
言葉にできる気持ちが少なすぎて
何も言葉にする事ができませんでした



“ことば”っていう言葉で片付けられない程の
思いと感情が絡まりすぎて、まるで自分の
言葉が自分のものではないような
気持ちになりました。




多分、言葉にするほどの勇気も
ありませんでした。






きっと何を言っても、きれい事だ
と思われてしまうのではないか。
きっと私の感じている痛みなんか、

大切な方を失われたご遺族や
被災者の方々の気持ちとは、

比べ物にならないだろうし、


私には周りの大切な人々がちゃんと
今こうして生きていて、
家もあってご飯も食べれている。

そんな恵まれた自分には何も
言葉にする資格さえないのではないか

と様々な事を今でも考えてしまいます









あの日から思っていたことは、
言葉で伝えることの大切さ。




人はいつでもなくしてから気付き
後悔する事ばかりだと思います




大切な人を失った方の多くの人は
後悔や悔しさでいっぱいだったと
思います。。








いつも外に出れば、他人に気をつかって
いる方ばかりだと思いますが、

いざ大切な人になると話は別…。



恥ずかしかったり、
“どうせ分かっているだろう”

と思ってしまいますよね。。





だけれど、言葉にして伝えることって
物凄く大切で、かといって難しい。。




自分の気持ちが上手く相手に
伝わるだろうかと考えてしまったり、
間違って伝わってしまったらどうしよう
と臆病になったりしちゃいますよね


だけれど下手なりに一生懸命
伝えていきたいです。


誤解されたらその誤解をとくために
沢山のエネルギーを使いたいし、

相手の気持ちを理解できるまで、
沢山のエネルギーを使いたいです。


全てを解り合うのは無理かもしれないけど

無理なら無理なりに、できるところまで

沢山のエネルギーを費やしたいです




上手く伝えられないから、と

諦めることはしたくないなと
思いました。





例えどんな人でも、私達は“対,人”の
関係で日々生活しているのだから、

変なプライドや見栄を張るのではなく、


ちゃんと気持ちを伝えたいです






伝えることにエネルギーを抑える
のは簡単ですが、

どんな状況であっても
それを抑えることなく、
そこにエネルギーを費やしていきたいです






そうして世の中が少しずつでも

優しくて温かくて、1つでも笑顔が
増えればなと願っています



そんな未来が来る日を祈っています




言葉を使って生きているのは
人間だけです


きっとそこには能力レベルの
違いだけでなくて

物凄く意味があって、
大切な事だからだと信じています

だからこそ言葉の大切さを
もっと大事にしたいです





どんなに慌ただしくても、
辛い状況にいても、

周りに目を向けること、人の痛みを

ちゃんと受け止めて包んであげられる
ような人間になりたいです。






攻撃するのではなく、
防御するのではなく、


攻撃されてやり返すのではなく、


ただそれを受け止め、
傷つきながら、ボロボロになりながらも、
攻撃した方の気持ちさえもを
考えられるような気持ちの余裕をもって、


自分を傷付け攻撃する人さえもを、
温かく包み込めるような


そんな強くて優しい人間になりたいです





きっとそんな生き方は辛いこと
だらけだけれども、

我慢ばかりだと思うけれども、

誰かにいつか分かってもらえるだろう
と、もがきながらも


自分のお母さんが私をそう育ててくれたように


いくら我慢しても傷ついても、

他人を苦しめたり傷つけるような
生き方だけはしたくないです。










震災の被害に遭われたご遺族や
被災者の方々の苦しみは
今日だけではありませんが、


今日という日をどんな辛い気持ちで
過ごしていたか、私が考えられない程の

大きな悲しみと悔しさと、
辛さだったと思います。。




その傷が少しでも浅くなり、

沢山の人々の愛に触れて、
少しでも笑顔が増え、


また1つでも多くの優しさに出逢えますよう

心から祈っています。






丹羽咲絵

 
  • コメント(全1件)
  • りょう 
    3/12 09:11

    1年経ったけど、まだ震災は続いてるね
    みんなの当たり前が戻ってくるように、支援を続けていきたいね。
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)