“宝の詰まった台本”

  • 西原純 公式ブログ/“宝の詰まった台本” 画像1
  • 西原純 公式ブログ/“宝の詰まった台本” 画像2
  • 西原純 公式ブログ/“宝の詰まった台本” 画像3
ここ最近『ブラッド・ブラザーズ』の台本を読み込んでます






芝居にとって、最も大切だと思うこと…





それは“計算”と“衝動”






“台本を読む”ということは、“計算”の方にあたります






つい先日、新しい台本をいただきました






ピッカピカの綺麗な台本






でも今回は、出番がなさそう…






なぜなら去年の初演時に使ったボロボロの台本を使おうと思っているからです






古い台本の中には、イギリス人演出家“グレン・ウォルフォード女史”のダメ出しや自分が稽古の中で感じたこと、考えに考え抜いたアイデアなどなど…





たくさんのいろんなことが書かれています






自分にとっては、まさに宝の詰まった台本なのです






初演の山登りの続きが再演だと思う自分






古い台本から得る“計算”を元にして、稽古で更なる“衝動”に駆り立てられたいと思います






観に来てくださるお客様に“希望”と“勇気”を感じていただけるよう、命懸けで頑張ります




 
  • コメント(全1件)
  • とち 
    3/13 13:45

    うまくコトバに出来ないのが、もどかしいです。
    胸がいっぱいになったというか、
    いい意味で、心に重みを感じました。
    西原さんのパワーが、心に響くのは、このような努力の糧の積み重ねがあるからですね


    もっともっと健康になって、また、お芝居を観に行きたいな

    私も頑張ろう

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)