菊花賞G


競馬の重賞レースをボクの独断と偏見で勝手に予想する、
題して「馬の助言」!!



秋のG3戦目。
そろそろバシッと決めましょう!



京都11R 菊花賞 G


クラシック三冠最終戦。
未知の3000mを舞台に、最後の一冠をかけてどの陣営も総力戦。
一生に一度のクラシックの栄冠に輝く馬は果たして?


イチ押し馬は
.粥璽襯疋轡奪


クラシック一冠目を制した皐月賞馬。
ダービー上位馬が今回不在となっては、このメンバーではやはり格上。
内田博ジョッキーが、どんな強い勝ち方をするのかが今回の注目とみて。




◎ .粥璽襯疋轡奪
○ Ε蹇璽疋▲レイム
▲ マウントシャスタ
△ ベールドインパクト
注 哀好イディグニティ




注目は
ベールドインパクト
秋初戦は大敗も、京都コースは京都新聞杯2着の実績あり。
凡走と好走を繰り返すこの馬が、前走大敗とくれば?
がんばれ、四位ジョッキー!!


買い目予想
馬単
、Ν

3連単
、Ν→Ν

 
  • コメント(全1件)
  • 献血日本一を目指す男徳ちゃん 
    10/21 12:51

    ちなみに 僕の菊花賞の予想 見解は…

    菊花賞(G1)
    ◎2フェデラルホー
    ○1ゴールドシップ
    ▲6ロードアクレイ
    ★16スカイデグニテ
    △15ユウキソルジャ
    △7エタンダール

    3連単
    1着 1 2 6
    2着 1 2 6 7 15 16
    3着 1 2 6 7 15 16
    →60点

    ダービー馬のディープブリランテが屈腱炎の為回避 ダービーハナ差2着のフェノーメノがセントライト記念を快勝後 天皇賞秋に矛先を変えた為 今年の菊花賞は皐月賞馬のゴールドシップが単勝1倍台での一本人気になりました。実績的に力は一枚上は明らかです 元々レース間隔を空けなければいけない弱い体質の為 神戸新聞杯から中3週でローテーションが些か心配も 血統的に距離に不安がなく 寧ろ3000mは歓迎の口。1枠の経済コースを利して 3角から早めに進出しロングスパートでの押し切りが妥当でしょう
    逆転候補はめきめき力をつけてきているフェデラルホール 前走1000万条件の2500mの九十九里特別を2.32.9 上がり34.2で勝利した内容に見所があり 距離適性もあり ゴールドシップの前でレースを進めることが予想され 長いいい脚を使える持ち味から3000mは有利に運べそうです
    ロードアクレイムは神戸新聞杯でゴールドシップに2.1/2差の惨敗も 500万条件の2000mの夏木立賞で致命的な出遅れも 早めに好位に取りつき1.59.9の好時計で押し切る強い競馬が印象に残っており 父親ディープインパクト譲りの切れ味もあり ゴールドシップに不利があるようだと十分逆転も可能でしょう。
    神戸新聞杯4着のユウキソルジャーは阪神のような直線に坂があるコースは不得意であり 京都コースは得意。ゴールドシップとの着差は大幅に縮まりそうです
    セントライト記念2着のスカイデグニティはフェノーメノと好戦した内容から連下で狙えそうです。
    神戸新聞杯3着のマウントシャスタは宝塚記念5着が評価され2番人気と穴人気していますが 母系の血統から明らかに3000mは長く 掲示板に載るのも厳しいでしょう。
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)