有馬記念


どうしてももう1頭。



勝手に有馬記念特集!!



追加の勝手に注目馬6頭目は



アーネストリー 牡6歳



やはりこの馬を忘れてはならないでしょう。
今年の宝塚記念優勝馬、春のグランプリホース。
前走の天皇賞(秋)は大敗をきすも、あのハイラップはこの馬の代名詞でもある先行馬にとって非常に酷なもの。そして大外枠の不利。
天皇賞後は有馬記念へ直行を早々に決定し、陣営もこのレースに標準を合わせてきたのは明白。
仕事師・佐藤哲三ジョッキーが虎視眈々とグランプリを狙ってくるとみて。



父・グラスワンダーと同じく、春秋グランプリ制覇へ。



以上、緊急追加で勝手に注目馬6頭をあげさせて頂きました!!



さあ、この後は今年最後の競馬予想、「馬の助言」!!