BEST OF THE SUPER Jr. 6/10後楽園(後編)

前回の続き!

■内藤 哲也、後藤 洋央紀、棚橋 弘至vs石井 智宏、中邑 真輔、オカダ・カズチカ
ひたすらかっこいい!かっこいい!石井選手はマスコットキャラクターみたい!!
この試合で私は漫画のような、あまりにもかっこよすぎる場面を最高の位置で見てしまいました。
中邑選手が後藤選手にボマイェを発射した時、突然内藤選手が後藤選手の後ろから現れ、後藤選手を踏み台にしてカウンターのドロップキックを放ったのです。
私がいた席からは丁度内藤選手が後藤選手の後に隠れて見えなかった為、魔法みたいに突然内藤選手が現れたように見えたんです!!
あまりのかっこよさに思わず叫んでしまいました!
あの瞬間、後藤選手からふわっと分裂した内藤選手がスローモーションに見えました。人間って衝撃を受けると、見える景色がスローモーションになるんですね・・・
あれは絶対今年のベストカウンター賞です!!!

■田口 隆祐vsロウ・キー
「セカイノセンシ」というクリーチャーはやはり容赦が無かった。
ロウ・キー選手って、まあ試合だから当たり前なんですけど、それにしても、そこまでする!?っていうことをするんです。
さっきの試合でデビちゃんの辛そうな顔を見てしまった私は、この時ロウ・キー選手に軽く憎しみが沸いていました。
田口選手は、やはり容赦無いロウ・キー選手に押されるシーンもありましたが、だんだんとロウ・キー選手の容赦無いプレーに負けないくらい、田口選手もえげつなくなっていきました。
なんだかいつもの田口選手じゃない感じがしました。
田口選手が優勝した瞬間、「ロウ・キー、どやあああああ!!」と思いましたが、ここまで田口選手の違う顔を見させてくれたのはロウ・キー選手なんですよね。
あそこまでえげつないことをしていたからこそ、あんなに激しい試合が観れたんだ。
ロウ・キー選手ありがとう!

田口選手の目の腫れが試合の激しさを物語っていました。
目の怪我は危ないし、怪我は良いことではないと思うんですが、
目を腫らした田口選手はとてもかっこよく見えました!
去年は飯伏選手にぞっこんでごめんなさい!('∀')飯伏選手に負けないくらい、田口選手かっこいいです!!

最後に私はちゃんと田口選手にタッチして銀テープを入手してきました(^^*)

ちなみに、この日は多くの選手が試合が終わると何度もお辞儀をしたりして、名残惜しそうに退場していたのが印象的でした。
試合を楽しんでいるのはお客さんだけじゃなくて、選手も本当に楽しかったんだなっていうのが伝わってきて嬉しかったです^^

まあ長ったらしく書いてしまいましたが、
とにかく何が言いたいかっていうと



一番おもしれぇのは、プロレスなんだよ!!!