BEST OF THE SUPER Jr. XIX 6/6後楽園大会

こんばんは!
24歳になって自分的には大人の女性になったつもりでいたけど、
わっしょい後藤さんや整骨院のせんせいに


大人の女って感じではwww無いよねwwwww


と小馬鹿にされたので、

グラサンデビューをしました。

カタチから入るタイプ
二階堂です



さて、今日はスーパージュニア6/6後楽園大会を振り返ってみましょう。

この日のコズロフ選手は、前回観戦した時よりも完全にパワーアップしていました。
私たちの求めていることがわかっていらっしゃる(^^*)さすがコズ様

この日一番楽しみにしていたのは、第3試合のKUSHIDA選手vsタイチ選手。
なぜって、私はKUSHIDA選手が優勝すると思っていたし、タイチ選手がなにやらアイドルを連れてくると聞いていたから!

放課後プリンセスちゃんが歌っている時、バルコニーでめっちゃライトセーバー振って声を上げている男性が一人いて、
一部のお客さんの視線がそっちに釘付け。すごい・・・

試合はわずか2分33秒で急所攻撃を受けたKUSHIDA選手が3カウントをとられてしまうショックな展開に・・・
なんかもう、ガ-----('Д';)-----ンとなりました・・・

来年のスーパージュニアは早くもロウキー選手優勝説があがっていますが、
来年こそKUSHIDA選手に優勝してもらいたいです!!


第7試合は田口選手vsTAKAみちのく選手。
この二人はすごく相性が良くて試合が面白かった!
このシングルマッチはまた観たいです!!

第9試合のプリンス・デヴィット選手vsPAC選手はとんでもなかった・・・
筋肉って人間に翼を与えるんだね!

決勝戦はこのデヴィちゃんvsPAC戦の衝撃を超えられるのか!?と思っていましたが、決勝がまさかああなるなんて・・・

そしてこの日の試合を観て、
6/10第2試合(高橋 広夢、BUSHI、KUSHIDAvsブライアン・ケンドリック、アレックス・コズロフ、ロッキー・ロメロ)がめっちゃ楽しみになりました!
すごくいい人そうな3人vs個性の強すぎる外国人選手。これはとんでもないことになりそうだ。

さらに、この日私たちはまさか6/10の大会で
ライガーさんにあんな悲劇が起きようとは思いもしなかった・・・


6/10決勝編へつづく!