水曜日『なっちん Helth care』

  • 夏秋佳代子 公式ブログ/水曜日『なっちん Helth care』 画像1
  • 夏秋佳代子 公式ブログ/水曜日『なっちん Helth care』 画像2
  • 夏秋佳代子 公式ブログ/水曜日『なっちん Helth care』 画像3
おまたせいたしましたぁ〜


リクエストいただきましたストレッチ
ご紹介致します


まずは、『背中を伸ばすポーズ』

長坐から、ある程度骨盤が前傾させられる方は、

足を伸ばしたまま行って下さいね


自信がない方は、写真1枚目のように、足を曲げてもOKです


よく背中を丸くして肋骨とお腹を圧迫し、呼吸をブロックして

しまいがちなので、できるだけ肋骨を広げるようにしながら、

前に伸ばし倒していくようにしましょう


効果


・自律神経の不調、足腰の疲れ、坐骨神経痛、精神安定、不眠、背中・お腹の引き締

ポイント


・骨盤が後ろに逃げてしまう場合は、ブロックや毛布の上に座りましょう。
・腰や膝裏が痛まない範囲で前に倒しましょう。

やり方

1.両足を前に伸ばして座り、足の親指をそれぞれの手指で握る。(足を曲げてる場合は、めいいっぱし手を伸ばして下さい)

2.息を吸いながら、背骨をまっすぐに伸ばし、肩の力を抜きながら胸を開く。

3.息を吐きながら、上体をまっすぐに伸ばしたまま前に倒す。骨盤から前に倒し、吸う息で伸び、吐く息で緩み前に倒れこむように、呼吸と共にポーズを深める。


次に『賢者のポーズ』


慣れないと、肘をロックさせながら、腕の力ばかり使って行いがちですが、肘を柔らかく保ち、骨盤底を引き締めながら、骨盤全体を浮かせるような力を使いながら、姿勢をキープさせることで、腕の負担が減らせます。

効果


・冷え性、肩こり・集中力アップ ,二の腕、肩まわり、ウエストの引き締め

ポイント


・下の腕、肘をロックさせると痛める可能性があるので注意しましょう。

・顔を天井に向けると首が痛む場合、また、バランスが取りにくい場合は真横に向け、それでも緊張するようであれば下を見るようにしましょう。

やり方

1.肩の力を抜き、背筋を伸ばした状態で前屈する。

2.膝を曲げて両足の外側に両手を床につき、お尻を踵までつく。

3.息を吐きながら、両足をポーンと後ろに下げ、腕立て伏せの格好になる。

4.息を吸いながら、右足を両手の中に戻す。戻した姿勢で息を吐く。

5.息を吸いながら、身体を左にねじり、背筋を伸ばしたまま骨盤を持ち上げ、左手を真上に伸ばす。5呼吸キープ。

*出来そうな方は、息を吐きながら、左脚に沿うように右脚も伸ばして両脚を揃える。右足の外側、小指側はしっかりと床かにつけ、左足は右足の上に乗せるようなにして合わせる。この姿勢で5呼吸ほどキープする。

6.体を元に戻し、左手を床についたら、今度は反対。

ちょっと難しそうに感じられるかもしれませんが、

出来る範囲でTRYしてみて下さいね〜


40代で整体&鍼頼みの猫背ママさんが、

半年前からTRYされて、今ではとっても綺麗な姿勢と、

肩凝りが緩和されたようです


勿論!!その方の努力の賜物ですが、是非
試してみて下さいね〜