ありがとうございました

昨年より治療をしていました私の卵巣ちゃんが、本日をもちまして全快致しました


昨年11月末に卵巣のう嚢(卵巣が勝手にピノコByブラック・ジャック、のもとを作って肥大)の手術をして以来、密かに通院し続けておりました


卵巣のう嚢の手術をされた方の中には、術後2〜3ヶ月後には通常生活に戻れたという方も少なくないと思うのですが、私はホルモンバランスがうまく取れず、週1回の通院をすることになりました


ホルモンの注射をおしりに週1回


3週続けて、1週間飲み薬、というのを先月まで続けました


注射が筋肉注射なのか痛くて痛くて、ほんっとに毎回ふんっ
ってなりました(笑

以前のブログにも記しましたが、卵巣治療のことを皆様に伝えようか否かすごく悩みましたが、私自身、色々な方の病床ブログにとても勇気づけられ安心もしたので、私もどなたかの不安を少しでも取り除けたらと願い綴ります


私の卵巣ちゃんは術後すぐホルモンを作り始めたとのことで、実はすごく楽観視していました


しかしながら、術後1ヶ月後くらいから不正出血が続き、ちゃんと女の子として機能していないことが判明


治療がはじまりました。

日常生活には何ら問題はありません


週1の注射、飲み薬だけです。

傷口が痛む以外にはなーーーんにも問題なっし


ただ、治療を始めて1〜2ヶ月くらいはむくみやほてりがひどくて困りました


ホルモンサイクルを正常に戻すためなので、気長に治療するしかないな、と思いつつも、しょんぼりしたり、不安になったりもしましたが、周囲のみなさまに支えられ、また信頼しているドクターの明るさに励まされ、長くもありあっという間の1年でし


昨年9月3日にポリープが見付かり、実に1年強。

今日、先日受けた卵巣や血液の検査の結果を先生から「もう通院の必要はないよ」と言われたとき、安心して泣きそうになりました


先生が診察室で拍手をしてくれました


みなさまにご迷惑をかけ、助けて頂いた1年が過ぎました


もう元気100倍の私です


漫才大好き


みなさまに感謝感激


本当にありがとうございました


そして、最後に一言


女性のみなさま


必ず2年に1回は婦人科検診を受けて下さい


自分では気付けない身体を調べて、ご自身を大切にして下さい


私も2年に1度は検診を受けることを誓います


では、これにて卵巣のう嚢ブログ、終了