篠笛

今日は、音楽と笑いがテーマの会へ参加させて頂きました


主催者が篠笛をされる方で、ひょんなことからご縁が出来、今回呼んで頂けたのです


篠笛の音色はとても心に響いてきます

琴線に触れるのか、切なくなってしまうのは、なぜなのでしょうか


今日の会に、漫才は私たちだけ。
篠笛の他に、大道、ピアノ、ソプラノ歌手さんがいらっしゃいました


バラエティーに富んだラインナップで、ピアノでは歌声喫茶(
)と会場が化し、お客様がピアノに合わせて歌を熱唱

あたたかいお客様方で盛り上がりました


そして、ソプラノ歌手さんは御歳80うん歳のマダム

長崎の被爆者で、こんな時に、こんな時だからと、当時のお話と、それにちなんだ歌をご披露くださいました。

正直、とても重くなってしまう内容。

苦しくて、怖くて、耳をふさぎたくなりました。

でも。
現実に起こったこと。
真実。
その上に成り立っている、現代だということを、改めて痛感。

原発問題もまだまだ不安は拭えないし、被災地の方々の生活も目処もたたない今。

世界の平和を祈ります

 
  • コメント(全0件)
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)