JA全国キャラバン〜埼玉編〜まとめ。

埼玉は僕の出身地という事もあり、かなり気合の入ったキャラバンになりました!

慈姑(くわい)の収穫体験から始まった埼玉編のキャラバン。

おせち料理には欠かせないというこの慈姑、水田の中に手を突っ込んで、収穫する。
畑とはまた違った、より土と密着した作業で、さらに農業の清々しさを知りました!
一緒に収穫体験をした越ヶ谷小学校の子供たちもみんな笑顔で、一生忘れられない思い出になったと思います。

どんな教科よりも、このように土に触れて農業や野菜に興味を持てるような体験がいかに重要かというのを目の当たりにしました!


そして前日の準備からお手伝いをさせて頂いた、越谷産業フェスタ。

野菜ビンゴの司会。
スタンプラリーの案内。
鴨ねぎ鍋の販売のお手伝い。

どれもいかに楽しみながら地域の人に地域の名産の野菜に興味を持ってもらうか試行錯誤されていて、そこにも熱心に地域を盛り上げるJAの姿勢がありました。


そしてここ埼玉でも、初めて知るJAの取り組みがありました。

越谷市立西中学校で行われた、災害の時に備えた防災訓練である芋煮体験。
大雨などの時、貯水池の水が溢れた時の水はけとなっているコスモス畑。

埼玉を守る為に、JAが色々な協力をしているという事。これが今回の埼玉キャラバンでは大きく僕が感動した部分です。

JAの活動を知る事によって、もともと大好きだった地元埼玉がもっと好きになりました。感謝です。
今度実家に帰った時は、今回経験した話を両親に話してみようと思います。


続いて僕らが向かうのは群馬!
次もどんどんお手伝いをしたいと思います!

 
  • コメント(全1件)
  • マコ 
    12/6 23:15

    毎回なお君のしっかりとしたレポートに感心しています。

    今後も頑張ってください!(^o^)
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)