FXをしている個人投資家が円売買の2割を占める〜感謝されてしかるべき私達〜

私のようなFX取引をしている人はどれくらいいるのか、ミセス・ワタナベとして円高を緩和する役割を果たしてきたらしい私達だが、世界の為替市場にいったいどれほどの影響力をもっているのだろうか?ここ数年間ずっと調べてきたが、相対取引という性質上、なかなか公のデータとしてその規模を集計するのは難しいようで、その数字は長らく私の中で謎だった。しかし、先日の新聞記事に「在日外国銀行の為替担当者らが今年の1月にBISに招かれてミセス・ワタナベの規模を説明するように要請された」という記事が載っていた(日経新聞2011年1月31日朝刊)。世界の為替市場で円は1日平均28兆円取引されており、(2010年4月時点)、そのうちFX業者が個人投資家と行っている円対外貨の取引額は1日平均5.2兆円になるという。これは、日本政府が為替介入した1日最高額の2.1兆円を大きく上回る規模になる。我らが個人投資家は、外貨買いの約2割を背負い、円高緩和の重要な役割を真に果たしており、世間から感謝されるべき存在だということがわかる。

 なのに、政府は私達ワタナベ族を締め付けようと規制を強化してきている。悲しいかな、レバレッジが50倍に規制される前(2010年1〜7月)は円取引の33%を占めていたワタナベ族だが、規制導入後は19%にまで下がってしまったという。今年の8月には規制がさらに強化され、レバレッジは25倍までとなってしまう。いったいどれくらいの人がFXから去ってしまうのか…。投資家保護という金融庁の言い分は、金融庁に勤めていた友人さえも矛盾していると言っていた。私は声を大にして政府に反対を言いたいが、決まってしまったものは逆らえないので、ポジション調整などで、より多くの人にFXの世界にとどまって欲しいし、より多くの方に新たに参加してもらいたいと思っている。

もし、FX退散者が激増したら、米ドルは70円台に突入してしまうかもしれない…。

90円台半ばが理想と1年前に発言していた菅さんにお話したい。

格下げに「疎い」お方だけに、為替の流れに耳を傾ける余裕などないのだろうが。

 
  • コメント(全3件)
  •  
    2/24 00:50

    初コメですっ
    Xに最近、興味があって始めようかと思ってましたっ

    なので勉強させていただきますっm(__)m

    あと 委員会に復活して欲しいですっ

  • みっく 
    8/19 06:38

    76円台きましたね。
    『自己責任の原則』って(笑)そもそもレバレッジかけて取引する商品を手掛けている人は、賭場において敗者になったときに破産する可能性が高いわけですから、今回のような米欧の信用不安で円高なった場合、個人は責任は取れないでしょうに
  • みっく 
    8/19 06:57

    所詮大人がルールを勝手に決めてる遊び場なんだから、子供が遊んだら殆ど搾り取られて退場ですよね。 だから、小遣いの範囲内で我慢できる人は参加してもいいのですが…人間の欲望は、かのマルクスですら見誤り、ブッシュはそれをサブプライム政策に利用した程(ご存知の通り制御できずに爆発しましたよね)、制御し難いものですからね。 皆さまにおかれましては、それを念頭に置かれてから、あくまでお小遣いの範囲内で楽しんで下さいね
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)