弱気なメドベージェフ

2012年のロシア大統領選への出馬に関して
メドベージェフが、プーチンが出馬したら自分はでないという発言をしたそうだ。
リベラルで奥ゆかしく、好感のもてるメドベージェフが
この4年間でどれくらいの権力をプーチンから勝ち取るのかを
興味深くみていたが、
どうやら、骨抜きにされてしまいそうだ・・・。

プーチンつよし。

仮に政界を退いても、中国の江沢民のように、プーチンはその存在感と権力を手放すことはないだろう。
メドベージェフがどんな戦略でこの2年を過ごすのか・・・。
第三の候補者を擁立させ
穏便にプーチンをご隠居様へと誘導することができるのか・・・。
大きなドラマが起こる期待は持ち続けたい。

 
  • コメント(全1件)
  • ショットクロックφ 
    8/6 18:37

    1990年前後の『旧ソ連崩壊』をリアルタイムで見ていた僕の世代は、『ゴルバチョフ
    リツィン』で成し得た『民主ロシア』が、プーチンの手で『独裁帝国』に回帰したように見えます。
    ただ、プーチンは『富国強兵』の実現で、ロシア国内では大人気。旧ソ連の他国からは『嫌われ者』なんですよね
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)