どんな時も・・・☆

  • ななみ 公式ブログ/ どんな時も・・・☆ 画像1
  • ななみ 公式ブログ/ どんな時も・・・☆ 画像2

一昨日の夜、お世話になっている「笹塚ボウル」というボーリング場の創設者の三回忌に招待され、行ってきました。

「なぜそんなことをブログに?」と、思うかもしれません。



もちろん会は、彼を追悼するものでした。

ただ思ってたのと違ったことがありました。


まず会場であるボーリング場が、たくさんのキャンドルでライトアップされ、幻想的に演出されていたこと。

聞けばそのキャンドルは、「キャンドル・ジュン」という世界的にも有名なアーティストが手掛けたもので、本当に見とれてしまうほどの素晴らしい演出でした。


そして何より驚いたのが、集まったたくさんの人が、好きな服装で集まり、テンポの良い音楽をかけ、食事をしながら楽しそうにおしゃべりをしていたこと。

好きな人はマイボールまで持参し、ボーリングを楽しんでいて、みんな、お洒落なパーティーに来ているかのような雰囲気でした。


メディアも来ていました。


私はここに参加して思ったことは、たぶん、その創設者はとても楽しい人で、人々を楽しませることが大好きな人なんだと思います。

どんな時でもみんなに笑っていてほしい。

そして、その楽しさをできるだけたくさんの人と共感し、コミュニケーションの輪を広げていってほしい。

そうゆう思いを受け継いで三回忌がこのように行われ、彼の人柄に魅せられた人々が今でもこうやってたくさん集まるんだと思います。



私は、主催者である創設者のお孫さんに招待されて行ったんですけど、ブログの話をすると、「ぜひ載せてください☆」と、笑顔で話してくれました。


私は、今までになかった発想に感動し、こんな考え方も素敵だなと思ったので、それを、みなさんにも感じてもらいたくて、ブログに書くことにしたんです。

 
  • コメント(全8件)
  • ケンタジア 
    5/12 18:13

    自分も自分の葬式は
    みんなが楽しめる派手なことやって欲しいなぁ

  • ちびた 
    5/12 18:17

    凄いですね!楽しそうです
  • ジャン=ピエール 
    5/12 18:17

    イイ話ありがとうございま

    亡くなって何年経っても慕われ続ける…、そういう人こそ真の人格者です

  • beet(ゲームお誘い却下) 
    5/12 18:32

    近年、色んな葬儀の仕方とかたまに聴きますが、故人の意向とかであれば、ありなのかなって思います。冠婚葬祭って形式にこだわったものが多く、本当の意味で故人を偲ぶのって意味からすれば、それが意義のあるものであれば、本当は形にこだわる必要などないのかもしれませんね。
  • ちぃ〜たん、眠たくなってきました(-_-) 
    5/12 18:36

    綺麗
    リーゴーランドみた

  • ヨッシー 
    5/12 18:57

    幻想的だね

  • やまちゃん 
    5/12 22:03

    じ〜んときました

    そうやってみんなが楽しんでいる姿を見るのが一番創設者さんの喜ぶことだなん
    楽しみながら偲ばれる故人



  • ニッキー 
    5/13 10:27

    また雰囲気が出るボーリング場で追悼式なんか珍しいです
    しめたみたいですね

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)