今週(1/10〜1/16)中山 孟が読んだ本

  • 中山孟 公式ブログ/今週(1/10〜1/16)中山 孟が読んだ本 画像1
ギリギリ読み終わりました

まぁ
"ギリギリ"とは言っても…全く焦らずに読めたんですけどねぇ






さて
今週(1/10〜1/16)中山 孟が読んだ本

『Are You Happy?』





感想を書かせて頂きます






【中山 孟の感想】



この本を読んだ時
まず思った事が…


「主人公(ジョン・ジョーンズ)の性格が俺に似てるッッ
…70%くらい…」


まさか
この本は俺のために書かれたんじゃないのかぁ
←なんて錯覚を起こしてしまいました
(笑)





『何をやっても上手くいかない



『上手に生きられない…






誰もが抱える悩み
…それを解決するためのヒントが記されているような物語です






何度も読みたくなる一冊になりました




《終》





主人公(ジョン・ジョーンズ)が本を出版される事になった時
のスピーチ






とても心に響いたので…






載せさせて頂きます




「今の時代を言葉にすれば、"振り返りの時代"なんじゃないかなって思います。個人も、そして社会も、過去を振り返ってみることで本当の未来が見えてくる。これからどうすればいいのか、何をしたいのかが分かってくる。
ドクター・フェルトンが"人間は忘れる動物"なんだと教えてくれました。でも、同時に、人間は"思い出すことのできる動物"でもあると思います。せっかく思い出しても、また時間の経過と共に忘れてしまうこともあるでしょう。でも、この本を読んでくださって、少しでもそこに共感があったなら、少しだけ立ち止まって、過去を振り返って欲しい。
そして、その記憶の中の過去に、新しく前向きな解釈を施して、これからの目標や希望にバトンタッチして欲しいと思います。そうやって設定した目標は、人間に永遠の命を与えます。その自分らしい人生を実現しようと努力する中で、個性や才能が磨かれて魅力になっていく。どうか、自分の中に眠っている才能を発見して、その才能を心から信じてください。
母が"神様は、どんな人にも才能を授けてこの世に送りだ出しているから、その才能を一緒に見付けてやることが親の一番大切な役割なのよ"って言っていました。僕は自分の過去を振り返って、やっと自分でその才能を自覚しました。才能は天才の子供です。才能をしっかりと育ててやれば、やがて天才と呼ばれるようになるんじゃないかなって思います。才能や個性は磨くことによって、星と月の光を合わせたような輝く存在になる。
そして、人は皆、自分を表現したくて、自分の個性や才能を発揮したくてウズウズしているんじゃないかなって、僕はよく思うんです。今ここで"成功する秘訣は何ですか?"って聞かれたら、迷わず"本当の自分を見つけて、自分らしい目標に生きること"って答えます。自分らしさがいちばん大切なことなんです。なりたい自分になろうと、無理な背伸びをするより、まざは、ありのままの自分を受け入れて"なれる自分"になることが、ひいては"なりたい自分"になるいちばんの近道であり、確実な方法です。
ある成功者が言っていました。"大人は子供の頃の夢を実現するために生きているんだ"って。そしてこうも言っていました。"完璧な大人になることは難しいが、子供は子供として、既に完璧である"と。本当の自分を活かしていく中で、一生情熱を注ぐことができる目標に向かって生きられたなら、それは人生の成功って言えるんじゃないでしょうか。僕はこれからも自分を信じてみようと思っています。そして、この本が誰の中にもある可能性を見つけるキッカケになってくれたなら、これ以上の喜びはありません……ありがとう。」



〜『Are You Happy?』244ページより〜