前の相方

久々に会った前の相方ウミケン。


相変わらず面白い…






顔と髪型だった。。




ウミケンとは大学で知り合い、クラスもバスケサークルも同じでずっと一緒にいた。
ホントによく遊んだ!
当時、松戸に一人暮らししているウミケンの家に行き、勝手に遊んだ。

「夏なのに!暖房ガンガン摂氏40度キムチ鍋大会!!」

「引越し記念パーティー!敷金など捨てちまえ!パイ投げ大会!!」


などなど。
お互い遊び過ぎて留年が決まり、大学5年からお笑いをやり始めた。


そんなウミケンも大学6年で無事卒業し、お笑いをやめ、茨城の実家に戻り働いている。
大学時代に貸した38万も全て返ってきて(このお金は次の相方へと受け継がれていった)、今では叙々苑のランチをおごってもらっている。
当時からすると、全く想像のつかない事である。

飯を食いながら、ウミケンの話をニヤケながら聞く自分。
それはウミケンの話が特別面白い訳ではなく、久々に会ったせいか…



顔の長さと、頭に鳥の巣がのってるような髪型にずっと慣れずにいたためである。

最近ライブもなく、無気力にバイトとゲームばかりしている自分。
何故だか分からないが、やる気が出てきた。。

よしっ!バイト頑張ろっ!


って、バイトかいっ!