富士山2

  • 中嶋享(や団) 公式ブログ/富士山2 画像1
  • 中嶋享(や団) 公式ブログ/富士山2 画像2
  • 中嶋享(や団) 公式ブログ/富士山2 画像3
朝4時起き+昨晩ライブということで、一睡もせずに富士山に行く事になってしまった自分…

まぁ、山頂で寝ればいいかという軽い気持ちで、新宿の集合場所へ向かった。

「富士山に登った人達が、その後テレビのオーディションに受かる」

こんな都市伝説にも似た噂が広がり、7人のもの売れたい願望の芸人+1人の富士山好きな芸人(自分)が集まったのだ!
ちなみに自分は去年も富士山を登り、三日後にキングオブコント準決勝進出を決めたので、まんざら都市伝説という訳ではない!
今流行りのパワースポットだとも言われているし!!

新宿から車2台で富士山へ向かう自分達。
自分らの車の中で、先輩芸人の桐野安生さんの

「昔、マウンテン・エグなんちゃら・タラナギ山(注:なんちゃらの部分は覚えていません)に登ったことがある…」

という話に全員が、

「そこ、どこだよ!!」

と、総ツッコミ!!
会話は、ほぼそれだけの繰り返しで、気付けば富士山5合目に到着していた。
ここから車は入れないので、自分らの足で登らなくてはいけない!
もう一台の車の人達とも合流し、頂点へ向かう。
杖をつき、ロープにつかまりながら、山頂へ目指す…
途中に何度も休憩を挟むが、その度に桐野さんに話をふる。

〜6合目〜
芸人:「こんな高い山登るの初めてだな。」
桐野:「いや僕は、マウンテン・エグなんちゃら・タラナギ山に…」
全員:「そこ、どこだよ!!」
違う車に乗ってた芸人も、もちろんツッコむ!!


〜7合目〜

芸人:「桐野さん、その野鳥の会みたいな格好は何ですか?」
桐野:「これは、マウンテン・エグなんちゃら・タラナギ山を登る時と…
全員:「そこ、どこだよ!」
何故か、ウケる。

〜8合目〜

芸人:「桐野さん、その双眼鏡はなんですか?」
桐野:「これは、マウンテン・エグなんちゃら・タラナギ山に…」
全員:「そこ、どこだよ!」
もちろん、みんな疲れている。

〜9合目〜

芸人:「頂点、見えてきたぞ〜!」
桐野:「確かにマウンテ…」
全員:「だから、そこどこだよ!!」
ツッコミが食い気味になる。


〜山頂〜

芸人:「ここが日本一高い所かぁ〜!!」
桐野:「マウンテン・エグなんちゃら・タラナギ山より…」
全員:「今、フッてねーよ!!」


今日一日で、何度この山のフレーズを聞いたであろうか…?
たぶん、一生分は聞いたであろう。

しかし不思議な事に、誰もこの山の名前を完璧に覚えていないのは何でだろうか。。