監督と二人

  • 中野裕斗 公式ブログ/監督と二人 画像1



ゾンビから逃げ続けて

はや4日目




昨日は

20時くらいに終わり宿へ…

風呂に直行じゃ!


体を洗い、

浴槽に足を入れるも

熱すぎて

肩までつかるのを断念、



そのうち

ソセキも来て

シャンプーし始めた



何かイタズラしてやろうと

横に腰をおろすが

警戒して

片目をこちらに向けている。





つまらん

先にあがるか…。



その後、

酒を飲みながら

くだらない話で盛り上がった




つかの間の休息

大いに笑った…。



現場は

冷え込みを増している

だが暖を取っている時間はない

撮影もペースアップする

いい感じだ。



なにより

スタッフから笑顔がこぼれている


一体感が生まれたのだ。



「とにかく楽しんでもらいたい」


監督の言葉を思い出す

「十分楽しんでますぜ、
もう一泊したいよ」と

許されるものなら

だだをこねたいくらいだ。




そんなこんなで

ゾンビとの闘いも終焉を迎える

マグナムに弾は残ってるのか?



俺達は

生き残れるのか………。




渋谷の夜風が

暖かく感じるのは気のせいか…


別れ際、

ソセキと南とがっちり握手した


「また一緒にやろう!」






一夜明けて

監督に電話してみた。



「映画でも観ながら
語りますか」



この部屋は

拳銃倉庫になっている


色気もへったくれもないのだ。



酒も飲まず

ただサントラを聴いたり

映画の話をする



たまに

「あぁ、ときめきたい」

などと呟くと

「めんどくさいオッサンや」

という顔をしたりする………。




こんな感じで夜は更ける。



また来年

面白い作品に出会えるといいな。





もちろん

ときめきも忘れてはいかん…




なんつって