見ていることを祈って。

  • ジャンボ仲根Jr. 公式ブログ/見ていることを祈って。 画像1
先程、荻窪駅にてお財布を拾いました。

どこかのハンバーガー屋の景品らしいちっちゃなお財布に雨で少し湿った1000円札が一枚だけ入っていた…。



子供が落としたのだろうか?

何歳くらいの子供だろうか?

男の子だろうか女の子だろうか?

名前はなんと言うのだろうか?

タカフミだろうか?

タカフミは鍵っ子だろうか?

タカフミはこの1000円を何に使うつもりなのだろうか?

鍵っ子のタカフミはお財布を落としてしまったせいで、晩御飯が食べれないのではないだろうか?

タカフミは今頃広いけれど暗く誰もいない部屋で電気も付けず、一人ぼっちでお腹を空かせながら体育座りをしているのではないだろうか?

財布を拾った場所は屋根があったとはいえ、タカフミのお財布はあまり濡れていないと言うことはまだタカフミは近くにいるのではないだろうか?

少し財布を上にあげたらタカフミは財布に気付かないだろうか?

なぜタカフミは財布をあげているのに仲根を見つけ話し掛けてこないのだろうか?

タカフミは財布を落としている事自体に気付いていないのだろうか?

タカフミは馬鹿なのだろうか?

そもそもタカフミとは誰なのだろうか?



タカフミを探すのをやめて、普通に駅前の交番に届けておきました。