特別攻撃隊



youtubeで特攻隊の方々の遺書をまとめた動画を見ていました。


出演すると決まってから何度も何度も見た動画。


深夜2時過ぎ。


何度見ても声を上げて嗚咽しながら泣いてしまう。


これが現実だったのかと。


これが現実に起こっていたんだと。


遺書の中には今の私と同い年の19歳の人もいました。


今、もし戦争で特攻にいけと言われたら


私は行けるのでしょうか。


私は逃げ出さずにいれるのでしょうか。


そう考えると


想像だけでも恐ろしくて震え上がってしまう自分が居ます。


なぜあの方たちは突撃されたのでしょうか。


どうして突撃できたのでしょうか。


そこには死に対する恐怖があったでしょう。


私は今まであまりにも軽率な生き方をしてきたんじゃないか・・・


そこまで考えてしまいます。


正直、こんな事書いてよいのかわかりませんが


今までニュースで靖国参拝問題が報じられてても


行きたい人は行けばいいじゃん


行きたくないなら行かなきゃいいじゃんぐらいにしか思っていませんでしたし


なぜ揉めているのか考えもしませんでした。


けどオサエロに携わって特攻について調べて考えて


私は・・・靖国参拝は問題にすべきではないと思いました。


これは御幣があると思うので先に書かせていただきます。


問題にすべきではないというよりも


もはや問題にするかどうかという時点で愚問だと思うのです。


だって奉られている方が戦犯であろうがなかろうが


亡くなった方が眠られている、それは紛れもない事実なのです。


どんな理由であれ今の日本のために亡くなられた方々が眠っているのです。


そう思う私の考えは浅はかなのかもしれません。


けど


今の私が


今私がこうやって平和に暮らせているのは


紛れもなく戦争で亡くなられた方々のおかげなのです。


そりゃ


戦争はあってはならない事だし


どんな理由であれ人同士が殺しあっているのですから


許されないことですし


その戦争を指揮した人は悪人なのかもしれない。
(表現方法、お許しください。)


けど


だからと言って


その方たちを含めた戦没者を参らないのはおかしい気がするのです。


そこで一般人と国のトップという表現が出てくるのかもしれませんが・・


あのね


ニュースでいつも取り上げられているから


正直、靖国に足を運ぶまで


もっと恐ろしい場所なのかと思っていました。


けどね


行けば普通に犬の散歩をしている人もいるし


子供がアイスを食べて笑ってんの


それ見てたらね


ここに眠っている方たちが創りたかった日本はこれなんだなって


そう思ったら・・・なんかね。


うん。


私は政治がわからないから


きっと馬鹿なことを書いているんだと思う。


けど


いつの時代も犠牲になるのは未来ある若者で


そんな人達が今の日本を創ってくれたんだと


それだけは自分の中で肝に銘じておきたい。


オサエロ中だけじゃなく


オサエロが終わっても心に留めておきたい。


そう思います。


きっと色んな意見があるでしょう。


ただ


政治を知らない小娘の戯言と思って聞き流してください。



中村

 
  • コメント(全2件)
  • あきお(休憩中) 
    10/16 03:24

    戦争知らないからこそ、まーしゃんみたいに考えてみること自体が大事だと思いますよ。おやすみ

  • Toshiaki 
    10/16 12:21

    僕も難しい事はよくわかりません
    靖国神社にきて今は平和だなぁ…
    もっと真剣に生きなきゃダメだ
    て思いました
    観劇前に靖国神社に来てよかったです。
    ありがとう、まーしゃん


  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)