オカンとオトンと青春と

  • 中村純子 公式ブログ/オカンとオトンと青春と 画像1
  • 中村純子 公式ブログ/オカンとオトンと青春と 画像2
  • 中村純子 公式ブログ/オカンとオトンと青春と 画像3
こんばんは(^^)


皆さま、週末いかがお過ごしでしたでしょうか?

本当に・・・アツイ・・・

暑いようぅううううう

もう7月か!?・・・
そんな週末でひた(^^;)ね


コメントも有難うございやす

セブンイレブンネタにおつきあいくださり嬉しいでふ(>▽<)

ちょうどご挨拶まわり中
(遅れてマフが今晩中に予定していまふ
)に
激・・・真面目な話も申し訳ないような
気がしまひたが

思い付きで書いていると
時々こういうことが・・・m(_ _)m



どうかそこはお気遣いなく
そんなことを感じるお年頃なんだな、ナカムラは・・・と
読み流していただければと思いマフ(^^;)


今回は、4月に実家に帰省した時の話でふ

4月に帰省した時に叔母さん(父方の妹)家族のおうちを
訪ねて近況報告をしまひた

(ちょうど息子さん夫婦(ナカムラからするといとこ夫婦)も
来ていまひた)

叔母さんとはオカンの様子の話になりまひた

・オカンが体が思うように動けなくて引きこもり気味だけれど、
前年から行きだしたリハビリのおかげで
ちょっと外出に抵抗が減ったこと
・今月からデイケァに行く気になっていること

・・・など

でもそういう話をはじめて聞くいとこのお嫁さんは
気にしてくれたんでしょうね・・・いろいろ会話を
はさんでくれまひた(^^)

いとこの嫁さん「お母さんは趣味とかないんですか?」


ナカムラ「趣味・・・あったらいいんですけど・・・皆無です。
家族も昔からなんか趣味作れって言ってきたけど…興味ないみたいです」

いとこ嫁さん「そうなんですか・・・」

ナカムラ「病気がわかってから2年以上たちますけど、
まだショックで…テレビさえも勧めてもまったく見ないくらい
今は病気が治ること以外興味がないみたいです
本人も頭では治らない病気だとはわかっているんですが」


叔母さん「せめて笑うといいんだけどねえ…」

ナカムラ「笑う…まだ少し前までは、私が帰省すると笑顔も出たし、
アニさんや私との会話でも笑ったんですけど・・・最近はめっきり」

叔母さん「そう・・・」


ナカムラ「ただ…オトン…オトンと一緒にいたら笑うんですけどね・・・
子供よりだんなの…オトンラブな人ですから

オトンが仕事に行くと、もう3時くらいからオカンが
お父さんはまだ帰ってこんのか?って聞き始めるんでよ
オカンは病気してお父さんがそばにいないとストレスみたいで・・・
でもそばにいるとオトンにすごく甘えてるし
病気のせいで、子供っぽくなってきているから・・・

だから・・・オトンの精神的負担半端ないんですよね
そういう意味でも
オカンから解放される時間のために仕事して気晴らししたら?ッと思って
新しい仕事賛成した面もあるんです」
(新しい仕事とは・・・限界家族執筆後、
オトンのアルバイト先の警備の仕事の
会社が営業停止。その後紆余曲折いろいろあって、
その警備会社をオトンが引き継いだってやつでふ)

叔母さん「でも最近仕事忙しすぎるんじゃない?」

ナカムラ「私もそう思って、ちょっと後悔して…
仕事はじめたら、想像以上にのめりこんで
オカンの病院の付き添いも仕事優先ですっぽかしたりしたから。
これじゃ本末転倒…賛成すべきじゃなったのかもって思ったり・・・。

仕事のためにオカンを入院させるとか言い出しそうな気がして

介護をしているのはオトンなのに
子供は勝手なこと言うなぁって思うけど…
オトンが長年連れ添ったオカンの面倒はワシが見るって言ったのを
仕事のためにもう覆すのかな・・・とか思って…

でも、オトンはやっぱなんだかんだ言ってオカンのこと
介護してるんすよね。夜中もオカンのトイレに何度も起きてるし」


みたいな会話をしてたんでふ

・・・てかぁあああああ!
ナカムラがデスマス調でしゃべってると
書いていても違和感ありありでふ(TT)…


さすが社会の接点では
まともにしゃべっております・・・(^^;)

た…多分・・・(;;)



でもまぁ・・・そんな感じの会話をして
家に戻ったんでふ

その日はオトンの仕事が早く終わって家に帰って
来てまひた


その時は夕方4時くらいかなぁ・・

病気になってから甘いものをよく食べるようになった
オカンがナカムラの土産の
饅頭にぱくついていたのでふが・・・


あんまり食べると晩御飯が食べれんので
オトンがオカンが饅頭食べるのに夢中の時に
他の饅頭隠したんでふ


正直言ってすぐばれるような子供っぽい
しぐさで饅頭隠して・・・


オカンが「もう!」とか言ってるんでふ


それがまるで…

まるで…


一瞬目をこすりまひた

だってぇえええええ
まるで10代の彼氏彼女みたいなじゃれ合い、イタズラなんで
もうこっちが((ノェ`*)っ))タシタシ

なに子供が照れるようなマネしてんじゃぁあああ!って感じなんでふ


普段は圧倒的にオカンのかまってちゃん攻撃から始まって
喧嘩ばっかしの老夫婦なんでふが(-‐;)

そのうちオカンがトイレ行きたい言い出して・・・
オトンがオカンを介護用車いすみたいなのに
乗せて連れて行ってトイレ介護するんでふが・・・


その日はなんと・・・


オカンを乗せた車いすを


グルグルグル
グルルルルゥウウウウウ!


くるくる回転させて
「トイレ、どっちやったかのう・・・」
みたいなこと言ってるんでふよ・・・


はい?
いつまで青春恋愛ごっこしてるんじゃぁぁああ!

・・・って、
ええ・・・思いまひたよ


でも・・・


オカンがキャーキャー笑い出したもんで・・・


・・・・・・・・・・・・

(;;)(;;)(;;)

マジか?

今回の帰省で一番笑とったもんで
しかもかなり笑ってたもんで・・・

めっちゃインパクトありまひた


前にも書かせて頂きやしたが・・・
老老介護は悪いイメージだけじゃないと思いまふ

老夫婦が青春時代に戻ったような振る舞い
大事なんでふよぉおおお(;;)


そひて・・・

あんなに喧嘩することの多い夫婦なのに
子供から見ても結婚にいいイメージもてる両親では
到底ないのでふが・・・

ここにきて子供に
「伴侶って何?
長年の連れ添いって何?」みたいな・・・

伴侶という意味を考えさせること
するのかぁあああああ?って


ツッコミ入れたかったんでふ(TOT)


オカンは病気のこと
未だに受け入れられないのでふが
(アニさんもそういうところあるので、
本人が受け入れることは健康な人が思うより難しいのかもしれない)

オトンは2年くらいかかったけれど
オカンの病気を受け入れて、オカンの面倒見る覚悟も
受け入れているように思いマフ


そひてその夜・・・オカンが寝るとき
ナカムラがベッドまで車いすで連れて行って
ベッドに寝かせたのでふが
オカン曰く・・・

「世間では小保方さんのこと悪くいう人がいるけれど、
私は誰が何と言おうと応援してるねん。
STAP細胞が私の病気治してくれかもしれんやろ・・・
実験台になってもいいから、応援してるねん」

ちょうどSTAP細胞の話題がよく新聞に載っていたころでひた


そ、そういうものいいやめろやぁあああああ!
ちょいと涙ぐんでしまうやろがぁあああ!


っておもいまひたが
その日一日機嫌のよかったオカンだったので、

「そうやなぁ」って言いまひた


・・・・って訳で話のオチが上手く言えないけれど・・・


やっぱ・・・

親ってのは・・・

いろんなものを見せてくれるなぁ・・・
そう思っちまったわけでふ(^^;)


写メはモク劇場でふ

老夫婦、老犬と老いネタでかぶってまふが、
それも今回はいいかなと思いマフ(^^)


漫画家嫁ゆる婚日記プラス犬http://bioherumin.typepad.jp/yurukon/

 
  • コメント(全9件)
  • スナコ 
    6/1 21:50

    小さくて可愛い生き物だと、印象から老いを忘れがちですね(*^o^*)モク…可愛いです


    ご両親のお話読んでいて、色々と考えさせられました
    お母様の笑顔を、お父様が与えてらっしゃるって、とても素敵で、ご病気で大変だということは承知ですが、羨ましく微笑ましいエピソードですね〜(^-^)

    両親のいちゃいちゃは、喜ばしいことですよね


    中村さんは、やはりご結婚決められた時、結婚生活のお互いの理想、生活などお話されたりしたのでしょうか。

    全くの他人が夫婦になり家族になるって、想像するより不思議で素敵なことなのでしょうね


    そんな未来が自分にもあるといいなと思いました。
  • AMIRi 
    6/1 22:09

    お疲れ様です
    中村さんのお話読んで微笑ましくおもいました

    夫婦で人として思いあう。

    素敵だなぁと

    私、結婚10年。
    まだまだおこちゃまだなぁと思いました

    がんばりすぎない夫婦。
    目指したいで

  • かみちん○ 
    6/2 08:46

    おはよ、純子ちゃん
    かにここ2、3日は暑かった
    いつも気にかけてくれてありがと
    長年連れ添った夫婦には子供たちにも解らない絆があるんや

  • えふ*(・ω・) 
    6/2 11:22

    コメありがとですm(_ _)m
    私は、結婚するまで実家暮らしだったので、あまり親のありがたみが感じられず、どちらかと言えば鬱陶しい感じでした(^^;)結婚して親元を離れて初めて親のありがたみを、しみじみ感じてます(T-T)
    私の両親もケンカばかりしてるけど、毎日一緒に散歩してたり、よく一緒に出かけてるので不思議です(^^;)
  • hei 
    6/2 12:57

    お疲れ様です
    書き込みありがとうございました。本当に暑くなりましたね、近年いつまでが春なんだろうって思うぐらい暑い日が早く来ます
    老夫婦…うちの親もそうかも知れませんが長く連れ添った二人の間には他人には計り知れない何かがあるんでしょうね〜支えてるつもりが支えられたりみたいな
  • ちまめまん 
    6/2 14:48

    ベタな言葉だけど、親のまえに人間だもんね
  • 希望 
    6/3 00:09

    こんばんは。
    お疲れ様です
    本当に…「夏」?って感じでしたね。
    コメありがとうございます(^-^)
    コンビニスイーツは、年々どこもグレードアップしてますよね。
    ダイエットの敵ですけど(T ^ T)
    そして、九州…梅雨入りしたみたいですが、梅雨明けが怖いですね…猛暑なのか、冷夏なのか…台風も気になります…。わがままな人間は…「適度な夏の陽気で、過ごしやすい夏」を希望します(^_^;)

    そして…ご両親のお話…。
    もしかすると、お父様もそこまでラブラブぶりを発揮する予定ではなかったかも知れません(私ごときが…分かりませんが)…が、お母様がどうしたら笑ってくれるか…帰省してくれてる娘にも少しでも安心してもらおうと…まるで若いカップルの様になってしまったのかも知れません…
    はたまた、本当に「素」のお父様とお母様のお姿なのかも知れません。
    何れにしても、やはり「確かな夫婦愛」があることは間違いないですね(^-^)
    夫婦には、子供には分からない…「何か」があって、何があっても「夫婦」なんでしょうね…
    なんだか、自分が何を言ってるか分からなくなりましたが、仲が良くても、ケンカしてても、何かあったら支え合うのが夫婦なのでしょう。

    そして、モクちゃん
    犬は人間の何倍も嗅覚や聴覚がいいと聞いたことがあるので、もしかしたら本当は聞こえてるけど、意識しなくなるのが犬の老化なのかしら…と。ウチの子も、車のエンジン音で、父や母の帰りを聞き分けてました。よその車のエンジン音には反応しませんでした。
    でも、歳をとってからは、寝てることが多くて、反応が鈍くなり、私達の方が先に聞き分けることが多くなりました。
    もっと歳をとったら、気配にさえ反応しなくなると…思います( ; ;
    ハッ、また長文失礼しました。
  • 奈々美sion 
    6/3 23:55

    おかん、進行はしてるでしょうが、元気ですね〜おとんラブ
    いじゃありませんかぁ〜キャーキャーいってる時まわりも一緒に笑ってあげると同じことで共感でき、皆のストレス発散になると思います。


    小保方さんのは実験されてもいいとまでいうなら、体力つけるのにリハビリ続けてないと。弱々しいと対象外になるとやんわりいってみたらどうでしょう?病状の進行もありますが、病は気からが一番です。
    髪形かえたり、ネイルしたりで若返ったというのもききましたよ


    あとコメありがとうございます<(_ _)>
    ブログもちょいちょいお邪魔しま〜す
  • ぶひっ*元気デス* 
    6/9 01:40

    遅くなりました。便乗伝言板(笑)ありがとうございました

    『病気を受け入れる』ホント難しい。
    私も3年経ちますが、ふとした時に「あぁもぅずっとこの体なんだ。ずっと不安を抱えて生きるんだな。」と思い、涙が出ます。引きこもりたくなります。生きたくなくなったり、します。。。

    でも 笑顔は最強

    好きなもの・こと・ひと がいるだけで、どんだけ幸せか。
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)