限界家族・・・オトン奮闘記続編

  • 中村純子 公式ブログ/限界家族・・・オトン奮闘記続編 画像1
  • 中村純子 公式ブログ/限界家族・・・オトン奮闘記続編 画像2
  • 中村純子 公式ブログ/限界家族・・・オトン奮闘記続編 画像3
こんにちは(^^)/


皆さま、連休如何お過ごしでしょうか?


コメ有難うございまひた!

人との関係は相手がいるだけあって
(仕事もそうでふけど(^^;)・・・)

これまた難しいところでもありまフが、
お言葉有難うございまひた!
すごく嬉しかったでふ!


いつも有難うございまふm(_ _)m(^^)/


そひて相手がいることなので
甘えすぎないように気をつけまふね(^^;)





今日は限界家族 オトン奮闘記の続編でふ( ~っ~)/

前回のオトンの警備員のお仕事の話の件でも
いろいろなコメを頂き有り難うございました




しかして・・・


長い文章になってしまった・・・orz

すみませんm(_ _)m
前回の内容知っている方は
「前回のお話部分)とばして下さいませ






前回のおはなし

去年12月も下旬になって…
オトンがアルバイトしていた警備会社が
公安委員会から営業停止命令が施行されまひた。


70代のオトンが新しいバイト先を見つけるのも
大変だし・・・

かと言って借金を抱えたまま
生活費のあてがないし・・・

また従業員の方も大半が60〜70代だったので
その方たちも年金だけの生活や
収入に不安を抱いていました。


そこで警備員の仕事を続けるために、
取引先と共に従業員は元取引先の警備会社に
身売りすることになりまひた。



本当は公安委員の停止命令通達のから
公表(実行)までに時間があったので
従業員の方と仕事を引き継いだまま

警備員教育資格
(元社長に受験されるように促された)
を持っているオトンが社長になって
新しく会社を立てる予定でした。



しかしその計画は間に合いませんでした。



以上が前回までのお話でふね(^^;)


さてこれからが続きでふ・・・




身売りする前、
オトン以外8人ほどいた従業員の方々に
オトンは
「わしが社長になるだけで仕事はこれからも
変わらずありますけん」
と説明していたようでふ・・・


オトンは会社設立に嬉々として奔走していまひた。


もともと自営業で塾経営とかやっていたオトンは
会社設立とか、
自分が中心となって仕事を回すのが大好き人間


端から見ていて
えらく自信家で楽観的だなとは
いつも思うのだけれど・・・


案の定・・・
従業員の方たちの大半が
自分についてくると思い込んでいるようでひた

ナカムラは
オトンは凄い自信家・・・と言うか過信!?

でも自信が持てないタイプのナカムラは
「私もこれぐらいの過信が欲しい!」

なんて思うほどで・・・
(自営業にはある程度必要な要素に思いまふ(^^;))


でも反面ハラハラしておりまひた。



会社設立には問題点が2つ

1資金が必要
2公安委員会からの認可が必要


1はナカムラ家の何処に金が!?
って感じでひたが、
 大家業関連でお世話になっている不動産業の
おかげで・・・政策金融公庫からお金を借りられました


・・・ってまた借金かよオトン・・・orz




でも一年ちょい働けば元が取れるくらいの金額でひたが・・・


これを人はどう受け取るか・・・
借金魔オトン・・・


オカンはもちろん反対してまひた(^^;)


2は申請から2ヶ月ほど審査に時間がかかるそうで、
業務停止命令前におりるのか・・・
ハラハラでひた・・・orz




それでも仕事がなくなるより
よっぽどいいかな・・・


それにオトンにも
何か新しい希望(仕事)があったほうがいいのかな
と思ってナカムラは賛成してまひた



しかしここでオトン・・・

壁にぶつかる・・・



それは資金や認可の問題でなく・・・



やはり人間関係の問題・・・



会社設立が間に合わなくて、営業停止命令が施行されたとき
つまり身売り策をオトンが仕方なく決めた時・・・


従業員の半分の4人しか
オトンについて来てくれませんでひた


もちろん、相手の事情があるので
ついてきてくれるとどこかタカをくくっていた
オトンに悪い面もあり・・・


こういうのはお互いにwinwinのバランスが
必要だと思うので難しいところでふが、
上手くいかんなぁ・・・と思っていたようでふ


そこへオカンのことでも
新たな状況が加わり
悩んでいまひた


オカンは病気のせいか
最近アニさんともすれ違い気味で

家にオトンがいないと不安がる傾向が
少し出てきまひた
病気のせいか少し子供っぽくなっているようでふ


またもともと会社設立に反対だったので

「会社設立なんてやめて
これからずっと家にいて一緒にいて欲しい」と
オトンは言われ続けておりまひた


オトンはかなり葛藤したようでひた



本来、家にじっとしているのが苦痛なタイプのオトン・・・

なのにオカンのネガティブオーラはパワーを増す一方でふ


(病気で苦しいオカンををこんなふうに書くと
すごくドライに感じる方もおられると思いますが、
ここは自分のことを棚に上げてるのは承知の上で、
ちょっとドライに客観的に書かせてください)



病気で欝なオカンと躁鬱病のアニさんとの3人生活に
オトンはできるだけ向き合っていると
娘からは見えてまふ



昔のオトンからは変わったと思うくらい
家のことやるようにもなって・・・

ただオトンは仕事が好きだし、経済的理由もあるし

それに今でもオカンの時間より仕事を優先するところはありまふ。
オカンはそれが寂しかったようでふ


オカンはオカンで
オトンがオカンに応えても
病気に対して前向きになることはないでふ
コレは性格によると思いまふ


オカンの幸せを考えて
ずっと一緒に過ごせたら、オカンもそれに応えて
前向きに少しは過ごしてくれるのか・・・
人生の最後は幸せなのか・・・


いやオカンが前向きにならなくても
旦那だから支えるのが人だろ!
なんて・・・


言う意見もあるかもしれないけれど・・・


毎日、自由に体を動かせた以前のことばかり回顧するオカンに
オトンが何を言っても
オカンのなかで消化できないと・・・

それはただただ無力に時間は過ぎて・・・


いつまで支えられるのか・・・


共倒れになっては・・・



以前クーラーの話で
夫婦の葛藤を書かせて頂いた
ように


オトンは悩んでいたようでふ



そこへ会社の話もダメになったし、
人もついてこないし
オカンの一緒にいたい気持ちもわかるし・・・


・・・でオトン・・・



会社設立を一度は諦めまひた



身売りでも仕事はあるし
わざわざ会社設立せんでも・・・と・・・



しかし身売り先の社長さんはいい方だったようですが、


仕事が始まるといろいろ問題が出てきて・・・


元従業員さんたちが今までより遠い現場に
派遣される日々が続いて
体力的にも車のガソリン代的にも
大変になってきて・・・


自分から声をかけて身売りしたオトンは
気にしていたようでふ


それから今までの取引先からも
いろいろお金や地域的な問題があって


「ナカムラさん、やっぱり独立して
会社やってくれんだろうか?」と
頼まれ出したそうでふ


それで・・・


オトン・・・悩みまひた



会社はやりたいけれど・・・


でも自分が動けば人も巻き込むし
オカンの要望にも応えきれない・・・



・・・・・・・・・・・


結局・・・


やっぱりもう一度会社設立の方向で
やろう!と・・・


決めたらしいでふ


しかしてオカンはやはり反対!


どうして自分との時間を人生の最後に
大切にしてくれないのか!?と・・・
(経済的問題をわかっていても
そう思ったらしいデフ)


それでもオトンは会社設立がしたくて
1月下旬から会社設立に奔走!


一緒に身売りについてきてくれた
4人の従業員の方と
3月には公安委員会の認可も降りて
設立となりまひた


10月あたりから奔走していたので
5ヶ月かかって元の会社からの独立となり・・・

その5ヶ月間はナカムラの家も波乱でひた(^^;)



オトンはオカンから逃げてしまったようにも見えまひた。
(もちろん一番オカンのこと世話してるオトンに
東京で好き勝手やっている娘が思うことではありまへん)


でもオカンが一番頼りにしているオトンが
オトン自身が
苦しそうに生活してたらオカンはどうなのか
(オカンは自分が先にオトンのまえから
いなくなった時のオトンの心配とかは考えるタイプではないでふ(^^;)
それは病気からくる欝のせいもあると思いまふ
でもオトンにラブラブな自覚はあるようでふ))



・オトンが元気でオカンも元気になる・・・
・オトンのこれからを考えたらオトンは仕事して
イキイキしているほうがいい・・・



そう思ってナカムラは賛成しまひた


オカンは時々何もするのが嫌になって
入院したがるようにもなってきたので・・・
お金も安心できたほうがいい・・・
そんな思いもオトンにはあったかもしれまへん



寒すぎるクーラーに
一度は離れてもまた戻ってきてしまう
暑がりオトンには

仕事が必要な気がしまひた


70代になってもよく働くな・・・
とは思いまふが・・・


いろんな葛藤があっての
会社設立でひた


ナカムラは月に一度帰るだけだけど・・・
ナカムラはウェットな感情に乏しいのかもしれまへんが・・・



親の姿を見て

まだ子供の前で踏ん張ってもらってるんだな・・・の姿勢に
自分の老後についても考えてしまいまふ


ちなみに3月帰ったら
いつも雨降りの日に洗濯物を干していた
オンボロ小屋(倉庫)に
事務用のPCが置いてあって
ちょっと受けまひた(^^)


家で仕事をすると
オカンが寂しがるので
事務所をつくったようでふ(^^;)


そこで従業員の方の教育もしているとか・・・



両親は自分に正直でふ


オカンは山口に帰ってきて欲しいと毎回言いまふし
オトンはお前はお前の人生を生きろと言ってくれまふ


どちらも嬉しく・・・辛い時もあり


オカンの事が心配だけど・・・

ナカムラの結論は刻々と見えてきたようでふ



ちなみに今日からアシスタントなんでふが・・・
先生のネームがまだ上がってなくて
待機状態なのでひた(^^;)


そひてちょっとマジ話が続いたので
すみません・・・ゴールデンウィーク中に・・・

次回はアシスタント話の軽い話題でも・・・と(^^)

そひてご挨拶回りは合間を縫って順次廻っておりまふ



写メは山口土産の大きなお麩
安平麩!

県民ショーによるとナカムラの実家周辺の日常食らしいけど・・・

山口育ちのオトンさえ・・・知らんと・・・


でもスーパーではよく見かけまふ!


しかして!

大きすぎて・・・orz



味噌汁に入れても浮いちゃって
汁なかなか吸わなくて
一晩味噌汁に漬けまひた(^^;)

煮浸しや甘煮にしたほうがよいみたいでふ!

県民ショーでは味噌汁に入れてまひたが、
食べ方を見ると先にダシで煮てふやかしてから
味噌汁にいれるようで・・・


ちょい・・・ってか面倒くさく思ってしまった(^^;)なはは









 
  • コメント(全6件)
  • ひこたん 
    4/28 17:39

    泣けます。
  • ピキリ星☆ 
    4/28 17:46

    色々ありますね…でも、人生一度きりですから
    りたい事をやれば良いと思います
    個人的経験ですが…人のために生きると後悔します。色々と
  • 希望 
    4/29 01:39

    こんばんは(^-^)
    お忙しい中、コメありがとうございました(*^^*)
    祖母は足まで傷めてしまい、寝たきりの状態で…母と叔母が泊まり込みで看病中です。

    そして、なんと…お父様。
    起業成功おめでとうございます。お母様のお気持ちを考えると、一概におめでとうございますって言いにくいですが、客観的に拝見させて頂いて、収入が必要で働き口が無くなったと…周りからの信頼もあり、それなら自分が起業しよう!と、70overのお父様は、自分の為とか他の従業員さんの為もあるとは思いますが、何といっても、ご家族の皆さんの事が大切だから、成されてらっしゃるのだと思い凄いです
    お母様のお気持ちも、よく分かります…今まで何ともなく出来てた家事とかショッピングが出来なくなった焦りや不安…何で私が…みたいな気持ち…。
    そして、進行する病状や合併症…。今のお母様には不安要素しかないのでは…と…。無理はありません、病気を持ってらっしゃる方はそういう方も多くいらっしゃいます。
    でも、お父様も自分が元気で働けるうちは、働くしかない…と。
    アニさんは…確かに今は、気分の浮き沈みとかあると思います…だけど根気よく治療を続けたら、治る病気でもあるのです。
    ある日突然…「あ、大丈夫かも」みたいな日が来るはずです…時間は個人差があるので、何も言えませんが。そのためには、キチンと病院で治療するのが望ましいかと思います。

    弟さんやナカムラ師は、あくまでサポートです
    お父様の代わりにも、お母様の病気の身代わりにも、アニさんの代わりにもなれないのですから、弟さんとナカムラ師は、ご自分の事を優先に、助けを求められた時に、手を差し伸べてさしあげたらよろしいのではないかと思います。

    ホント、私が偉そうに言う事ではないので、おこがましいですが、病院でいろいろな方の症例とかみてると…つい…(ー ー;)
    すみませんm(._.)m
    今回も長々とすみませんでしたm(_ _)m
  • 蟻果糖(暫く入院します) 
    4/29 10:05

    コメありがとうございましたm(_ _)m

    親とは本当にありがたいものです
    (-^〇^-)

    自分の子ども達は今、自分一人で大きくなったような言動しておりますが

    ふと自分も若かりし頃はそうだったんだなぁと思いま

    自分が人の親になって初め
    親の苦労や子どもに対する思いや愛情
    分かる事もあります

    アシ頑張ってくださいね〜(^o^)

  • がま 
    4/29 12:07

    家族って関係は途中で解消出来ないから色々大変ですよね。私も色々悩みますが、やはり自分の生活を一番に考えて後は出来る限り家族の支援に回ります。共倒れは避けたいですからね。私は中村さんにはご自身の満足出来る生き方を追求して欲しいと思います
  • hei 
    4/30 06:57

    お疲れ様です
    コメントありがとうごさいました

    遅ればせながら…
    もう、定年とっくに越えてる歳でも会社設立って凄いパワーですね
    人が生きるって、ただ命を繋ぐだけじゃなくて、なにか目的に向かってることかもしれません。まさに活きる。

    ちなみに天皇賞は外れました…その日の収支はプラスでした

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)