★はじめてのピンチ(>_<)★

  • 中森あきない 公式ブログ/★はじめてのピンチ(>_ 画像1
  • 中森あきない 公式ブログ/★はじめてのピンチ(>_ 画像2
・:*:・゚'★,。・:*:・゚'☆・:

12月27日

千葉の

埼玉アンテナシステムさん
での営業でした



かなりの
大勢のお客様


ところが


リハーサルで
ハプニング

そなえつけの
音響が

故障



えっ??


大丈夫かな



おまけに

マイクも

リバーブも音も
出ない



そ、そんなぁ〜……



時間がどんどん


押してきて


リハーサルは

途中までで

ぶっつけ本番に


どどどうしょう



今日のために


オープニングダンスと
歌のコラボ…


マイクに

線がついてて

踊れない


かなり

どうしょう



音は

スピーカーが

使えない為に


広〜い
会場の前に
家庭用の
MDコンポで
音だし


お客様が

何百人も入ったら

もちろん

宴会の
音で

小さな音は
揉み消されてしまぅ


ピンチ


始まって以来の

ピンチ…


ようし〜〜〜


ダンスナンバーかけて

ダンスで
楽しんで
頂こう






CDも壊れてるとの
事………


最悪の
運の悪さ


そんな中


本番開始



・:*:・゚'★,。・:*:・゚'☆・:



そして
本番

家庭用のコンポでは

音は

ワタシが歌を合わせるのも


やっとなくらいな

小さな音



聞こえない


歌だけでも……



いや

マイクが

入らない

入ったと
思っても

かなり小さな音


何十メートル後ろの
客席に

届く訳もない


でも

プロとして

アカペラ当然でも

お客様を楽しませて
帰らなきゃ


絶対に……


後少しの
年末…〜〜

声を振り絞っての
歌とトーク


もちろん

明菜様似の
お得意のトーク
ボソボソ声が
マイクが無い為
無理がある

今日は
似させられず
地声のトークで
いくしか無いなぁ

地声でも
お客様に
届かない


明菜様の歌が
終わり
浜崎あゆみ様での
登場……

その時


いきなりの

大きな
りきんだ声
何を歌ってるか
何をトークしてるか
だけでも
お客様に
伝えなきゃ



最近の
疲れや
風邪の初期

突然

目の前が
見えなくなりました

そのまま
ワタシは
記憶を失って
倒れて
しまぃました

側に居たマネージャー
てるこが
大慌てで
お水や
バケツ
おしぼりを
頂き…
ワタシの口に
自分の指を入れて
くれた様でした

軽いテンカン

ワタシの症状をみて
舌を噛んだら危険と
判断…

気がついた時には
周りに
バケツや
おしぼり
ワタシは
二時間くらい
たったかの
感覚


あれっ

マネーに聞くと
五分程度

しかもタイミングよく
お客様は
誰も知らないらしく
盛り上がってる
様子

マネーは
もぅ
声もつぶれちゃうし
この音響の環境じゃ
辞めよう
無理があるょ

でも

パパが亡くなった
あの時でさえ
パパの所へは
行かずに
ワタシは営業に
向かい笑顔で
やりとげました

今日も
この環境でも
絶対に歌わないと

そぅいって
浜崎あゆみ様の
ドレスに急いで
着替えて
何事も無いかの
様に…

ステージに
立ちました

もちろん
相変わらず声は
聞こえず
音も聞こえない中

かろうじて聞こえる
歌に合わせて
精一杯
歌わせて頂きました


お客様には
それが
届いたのか


皆さん拍手を

とても

嬉しかったです



音響が
どんな時でも
ワタシ達は
お客様が
待ってて
くれてる以上

精一杯やる事を
忘れては
いけない……
そぅ思いました

お客様にも
マイクが
通りませんでしたが…

今日は
ホントウにごめんなさぃ

皆様に
ちゃんとした
歌を届けられなくて

すぃませんと
何度も
お詫びをしながら
やらせて
頂きました

ちゃんとした
歌は届かなくても

心が
皆様に
届いた

お客様達は
そのワタシの気持ちを
ちゃんと受け止めて
くださった…

最高の笑顔と
拍手で
送ってくれました

クライアントさんにも

次は

ちゃんとした
設備で
またお客様方に
もぅ一度
ショーを
お見せしたぃので
とお伝えしました

あちらも
ホントウに
申し訳ないと
おっしゃって
くれました


そんなんで
喉はつぶれかけて
しまぃましたが

何とか
やりとげました


ほっとしました









そして

ワタシは
お家に帰り


ローズに

沢山

甘えました

そんな
ワタシと
ローズを
見て
マネージャーてるこも

ほっとしてました













毎日

色んな

ハプニングが

ありますが


こうしてる事が

幸せだと


そぅ思います






あきなぃ