自己紹介

ログイン
3日以上
民主党の中川正春です。

1950年三重県松阪市生まれ。
ジョージタウン大学国際関係学科(米国)を卒業後、国際交流基金に入職。83年に三重県議会議員に初当選し三期務める。96年、衆議院議員に初当選、現在当選5回目。

学生時代から政治に関心をもつ。民主政治を学ぶのであれば本場アメリカで、と米国の大学へ進学。大学卒業後、国際的な相互理解は文化交流からと、国際交流基金に入職。83年三重県議会議員初当選。以降三期12年務める。
細川元総理の日本新党に入党。国政への挑戦を決意。96年、衆議院議員初当選。
民主党次の内閣財務大臣として直近の選挙におけるマニフェスト作成に尽力。
09年9月、鳩山内閣の文部科学副大臣に就任。10年6月、菅内閣の文部科学副大臣として再任。
身近なことは地域で決める「みんなが主役」の政治を目指す。

趣味は山登り、読書、映画鑑賞、魚釣り、ガーデニング。好きな食べ物はスイカ、ウリ、とうもろこし。信条は和して同ぜず。家族は母、妻、二男二女。