ジョイフルエイジング

  • 中地高子 公式ブログ/ジョイフルエイジング 画像1
  • 中地高子 公式ブログ/ジョイフルエイジング 画像2
ご無沙汰しております。

お久しぶりです




本日、48歳の誕生日を迎えるにあたり、


「ジョイフルエイジング」の自分なりの定義を、


改めて、自分に言い聞かせております。






時の流れを素直に受け止め、


年齢・経験を重ねてきたからこそ


発揮できるしなやかさを


大切に


自分らしさを失わずに


前向きに


人生を楽しむ。




「年齢を重ねる」ことをポジティブに明るく


楽しみたい。




・・・・・・そんな思いで、約1年前に


Joyful-aging(ジョイフルエイジング)



な生き方を目指そうと思いました。





3月11日の東日本大震災後、



日本国内のみならず、世界中の人達が、



「一体、今、自分に何ができるだろう?」



という思いを真剣に抱きました。



私自身も、「自分にできることは何か?」



と自分に問う日々が続いていました。



しかし実際には、微力な義援金募金しかできていない



現実に情けなく感じたこともありました。





でも、テレビの映像で拝見する被災された方々の


「強さ」・「優しさ」・「忍耐力」・「明るさ」に触れた時、



自分の無力さを嘆いている場合ではないのだと


強く実感しました。




そして、それぞれ皆が、”力強く、前へ前へ”


歩み出して行かなければいけないのだと


改めて感じた次第です。





JOY(喜び)FUL(一杯の)・・・この言葉を使うことに


まだ、いささか戸惑いがある事も事実です。



しかし今、下を向いてうなだれている訳にはいきません。



しっかりと前をみつめて、



一歩、一歩、進んで行くしかありません。



そこには、一人一人が「自分の人生を明るく前向きに生きて行こう」



とする強い意志が、何より大切なのだということを、



被災された方々の強く優しい眼差しから



学びました。





「今、自分にできること」を、ひとつひとつ丁寧に


真剣に取り組んで行きたいと思っております。




前向きに、明るく、一歩ずつ・・・